Open3

k8s再インストール時にハマった点

前回

  1. ラズパイにいんすこしようとした
  2. 失敗

5000兆年後(半年)

インストール作業で前回とは異なるコケ方をした。

  • すでに設定ファイルが存在している -> 削除したら動いた
  • 証明書が古い -> それっぽいやつを一度消してみたが駄目

解決

このコメントのコマンドで解決した

$ kubeadm reset
$ sudo apt-get purge kubeadm kubectl kubelet kubernetes-cni kube*
$ sudo apt-get autoremove
$ sudo rm -rf ~/.kube
$ sudo rm -rf /var/lib/kubelet
$ sudo rm -rf /var/lib/localkube
$ sudo rm -rf /var/lib/kubeadm.yaml

minikubeは使ってないので除外した。

node側はkubeadm resetだけでそのままいけた。

ログインするとコメントできます