🐶

PowerAppsでテンキーを作ってみる

1 min read

簡単なテンキーです

10分程あれば作成できるテンキーを作成してみました。


作成方法

キャンバスアプリの作成

タブレットで今回は作成しました。

Galleryの配置と基本データの格納

  1. Screen1に縦方向ギャラリーを配置
  2. Itemsにテンキーの数値のリストを記載
  3. 折り返しの数に『3』を設定します

    ▼Itemsコピペ用
["7","8","9","4","5","6","1","2","3","0","","AC"]

Gallery内にボタン配置と処理を設定

  1. 上記で作成したギャラリー内にボタン配置
      位置は適当な場所へ
  2. ボタンの情報を設定する
    • ボタンに文字を表示させる
      Textプロパティに『ThisItem.Value』を設定
    • 空白の箇所はボタンを表示させない
      Visbleプロパティに下記を設定

      ▼コピペ用
    If(ThisItem.Value="",false,true)
    
    • ボタン押下時に文字を結合
      OnSelectプロパティに下記を設定

      ▼コピペ用
    If(
        ThisItem.Value="AC",
        UpdateContext({typeNum:Blank()}), //ACボタン押下時は空白へ  
        UpdateContext({typeNum:typeNum & ThisItem.Value});
    )
    
  3. 入力した数値を表示させるテンキーを設定
    - Screen1にラベルを配置
    - Textプロパティに『typeNum』を設定

完成

これで文字入力は完成です。
typeNumは文字列が入っているため、数値として扱う場合はValue関数で数値化して利用してください。

Discussion

ログインするとコメントできます