🐶

PowerAppsの関数組み合わせメモ

1 min read

Sequence関数

Sequence(5)とすると1~5のテーブルデータとして作成される

サンプル

下記コードはrepAという変数に "A" を5回分、つまり"AAAAA"という文字を格納しています。

UpdateContext({repA:Concat(ForAll(Sequence(5),"A"),Value)})

制限について

Sequence は、50,000 レコードが最大です。(MSサポートリンク)



FirstN関数

テーブルの何番目までを対象とするか

サンプル

"りんご,バナナ,みかん,すいか" このようなカンマ区切りの文字列があったとして、3番目のデータだけを表示させたい。

  • このような形で作成できます
    Last(FirstN(Split("りんご,バナナ,みかん,すいか",","),3)).Result
    

解説

  1. まずはSplit関数を使ってカンマ区切りのデータをテーブルにしてます
    Split("りんご,バナナ,みかん,すいか",",")})
    
    ▼テーブルイメージ
    Result
    りんご
    バナナ
    みかん
    すいか
  2. この中の3番目のデータを表示させたいので、FirstN関数をつかって3番目までのデータをテーブルにしています。
    FirstN(Split("りんご,バナナ,みかん,すいか",","),3)
    
    ▼table3イメージ
    Result
    りんご
    バナナ
    みかん
  3. 3番目を表示する
    Last(FirstN(Split("りんご,バナナ,みかん,すいか",","),3)).Result
    

Discussion

ログインするとコメントできます