🥈

【未経験一発合格】Java Silverは結論、〇〇をやれ!

2022/03/12に公開約3,100字

Java Silver SE11とは
OracleのJava SE 11 認定資格のことです。
Java SEは『Bronze』、『Silver』、『Gold』に分かれています。
受験料:32,340 円(税込)
時間:180分
問題数:80問
合格正答率:63%以上
※2022年2月現在

https://www.oracle.com/jp/education/certification/jse11-5570635-ja.html

結論

黒本」を正答率85%以上とれるまでやり込むこと



かつ

問題の答えを「なぜ?」とセットで理解できること



以上です!

理由

①試験では黒本と類似した問題が多く出題されるため

多くの方の合格体験記にもあるように、実際の試験を受けた肌感として全体の半分程は黒本と同じような問題が出題されました。
とくに、12章、13章の模擬試験から多く出題されるので、ここは正答率90%以上になるまで周回したほうがいいです。僕は3周で90%以上になりました。(個人差によります)

②「なぜ?この回答になるのか」理解できないと応用した問題に対応できないため

誤解を招かないように先にお伝えしますが、「黒本を丸暗記」はNGです。
(文法やメソッド、APIなど暗記して覚えるものもあるので、それらは例外です。)
なぜなら暗記してしまうと、応用をきかせた問題や将来的な実務のときなどに対応できなくなるからです。前述のように同じような問題は多く出ますが、もちろん初見の問題や少し応用された問題もでます。
よって、暗記で問題をやり込むのではなく、「なぜこの回答になるのか」が理解できるように勉強するのがおすすめです。具体的に言うと、オブジェクト指向は暗記では対応できないので、原理原則の理解が必須です。(僕もまだ浅いので、今後も勉強していきます。)

具体的な勉強方法

スッキリわかるJava入門を1周する

Java実務未経験、プログラミング初心者の方は、いきなり黒本から取り組むと5分で挫折します。笑
自分がそうでした。よって、まずはこの本から取り組むことをおすすめします。
この本は初心者にもわかりやすく、さくさくと進みやすい、例も交えて説明してくれるので頭に入ってきやすいのでJavaの世界が面白いと思えます。自分は約1週間で終わりました。
また、JavaSilverの試験範囲もほぼ網羅しているので、黒本がわかりにくい時に辞書代わりにも使用していました。

②黒本をひたすらやり込む

「スッキリわかる入門編」が終わったら、ひたすら黒本をやり込みましょう。
おそらく、最初は難しすぎてちょっと嫌になるかと思いますが、最初の1周は「こんな感じなんだ〜」みたいな感覚で取り組んで大丈夫だと思います、そして、黒本は解説が丁寧で厚いので問題を解きすすめるというよりは解説を読んでなぜこの回答になるのか理解することを重視しましょう。

また、わからない問題や気になった問題は、テキストエディタで実際にコードに起こしてみて検証してみるのをおすすめします。イメージも湧きやすいし、このパターンだったらどうなのか?などの色々検証もできるので、一石二鳥です。例えば、問題の選択肢に「コンパイルエラー」「例外がスローされる」があるのですが、どんな時にそれが起こるのか?逆に起こさない記述は?このパターンだったらどうなる?などを目でみて自分でわかるので、それを繰り返していく内に理由の部分で記述していた応用問題に対応できるようになると思います。

あとは、結論で記述したように正答率85%以上になるまで周回しましょう。
苦手な問題もあとでチェックできるようにしておきましょう。
とくに、「6章インスタンスとメソッド」「7章クラスの継承、インタフェース、抽象クラス」、いわゆるオブジェクト指向の概念は、ボリュームもあつく試験でも多く出題されるのでかなり重要です。ここは難しいですが、概念の理解ができるまでやり込みましょう。

それが終わったら、仕上げとして12章、13章を正答率90%以上になるまでやり込みましょう。
90%以上とれて、なぜこの答えになるのか理解できたら試験GOサインです!

再度、結論

黒本のの正答率85%以上にとれるまでやり込むこと

かつ

問題を「なぜ?」とセットで理解できること



以上です!

未経験でも取得できる資格なので、今後考えている方の参考になれば幸いです!
個人的に、JavaGoldも取得しようと考えてます!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

Discussion

ログインするとコメントできます