🐕

Redmine/RedMicaの動作確認・デモ用にテスト用のデータ(チケット、Wiki、フォーラム、…)を投入する

1 min read

Redmine/RedMicaの動作確認やデモを行いたいときなど、ダミーのチケットやWikiなどのデータが欲しくなることがあります。自分でそれらしいデータを作るのはなかなか手間がかかりますが、Redmineのソースコードに含まれる自動テスト用のフィクスチャを使えば、コマンド一発でチケット、Wiki、フォーラムなどのデータを投入できます。

手順

Redmine/RedMicaのインストールディレクトリで以下のコマンドを実行してください。自動テスト用のデータ(フィクスチャ)がデータベースに投入されます。

なお、データベースに元々入っていたデータはすべて失われます。誤って本番環境で実行しないよう注意してください。

export RAILS_ENV=production
bin/rails db:fixtures:load

実行後は以下のユーザーでRedmine/RedMicaにログインできます。

ログインID パスワード
admin admin
jsmith jsmith
dlopper foo
rhill foo
someone foo
miscuser8 foo

スクリーンショット

Discussion

ログインするとコメントできます