🐸

面倒くさいcurl コマンドはPostman にインポートしちゃう

2022/04/22に公開約1,500字

はじめに

複数行あるcurl コマンドを編集するのが面倒くさい。Postman にインポートして管理しちゃおう。

テスト用API

curl コマンドのテストにはhttpbin を使用。

https://httpbin.org/

以下のように何かデータをPOST すると。

curl.sh
curl --location --request POST 'httpbin.org/anything' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--data-raw '{
    "assignedRuleIDs": [
        0
    ],
    "recommendationScanStatus": "none",
    "lastRecommendationScanDate": 0,
    "recommendedToAssignRuleIDs": [
        0
    ],
    "recommendedToUnassignRuleIDs": [
        0
    ]
}'

オウム返しでPOST したデータがレスポンスして返る。

{
  "args": {},
  "data": "{\n    \"assignedRuleIDs\": [\n        0\n    ],\n    \"recommendationScanStatus\": \"none\",\n    \"lastRecommendationScanDate\": 0,\n    \"recommendedToAssignRuleIDs\": [\n        0\n    ],\n    \"recommendedToUnassignRuleIDs\": [\n        0\n    ]\n}~",
  "files": {},
  "form": {},
  "headers": {
    "Accept": "*/*",
    "Content-Length": "230",
    "Content-Type": "application/json",
    "Host": "httpbin.org",
    "User-Agent": "curl/7.81.0",
    "X-Amzn-Trace-Id": "Root=1-6262a801-262cfbc610a60f6943b2452f"
  },
  "json": null,
  "method": "POST",
  "origin": "xxx.xx.xxx.xxx",
  "url": "http://httpbin.org/anything"
}

Postman にcurl コマンドのインポート

  1. File > Import... > Raw text
  2. curl コマンドをペーストしてContinue
  3. curl コマンドをベースに新規Request が作成される
  4. Request を送信するとcurl コマンドと同様のレスポンスが返る

まとめ

curl コマンドをPostman に簡単にインポートして、Request として管理できる。Postman の機能で変数を設定、Python/JavaScript/PHP/PowerShell などのコードに変換できるので便利。

Discussion

ログインするとコメントできます