🤖

【超シンプルに】UbuntuでGithubにSSHで接続する

2022/10/18に公開約1,300字

GithubにSSH接続する方法を調べたところ、意外と冗長な記事しか見当たらなかったため、ここではシンプルにコマンドだけ並べていきます。環境はUbuntu20.4.5(LTS)です。順番に実行していくことで(おそらくは)成功します。失敗したらその都度対処しましょう。公式ドキュメントにはトラブルシューティングもあわせて丁寧に記載されています。

参考(公式ドキュメント):
https://docs.github.com/en/authentication/connecting-to-github-with-ssh/about-ssh

.sshディレクトリに移動する

cd ~/.ssh/

秘密鍵と公開鍵を生成する
(秘密鍵は絶対に公開しないようにしましょう)

ssh-keygen -t ed25519 -C "Githubに登録したemailアドレス"

ssh-agentをバックグラウンドで起動

eval "$(ssh-agent -s)"

ssh-agentにSSHキーを追加する

ssh-add ~/.ssh/id_ed25519

git initしてある任意の作業ディレクトリに移動する

cd /your_workspace/

リモートリポジトリのURLの変更(HTTPS → SSH)
括弧は要りません。置き換えてください。(↓)

git remote set-url origin git@github.com:(your_user_name)/(your_repository_name).git
git remote -v

このようになっているはずです(↓)

$ git remote -v
> origin  git@github.com:USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
> origin  git@github.com:USERNAME/REPOSITORY.git (push)

続いて、Githubにブラウザでログインして設定から公開鍵を登録していきます。

下のコマンドを実行して出力結果をクリップボードにコピーする

cat ~/.ssh/id_ed25519.pub

このように頭からおしりまで全てコピーする(↓)

ssh-ed25519 ????? Githubに登録したemail.com

Githubにブラウザでログイン > Settings > SSH and GPG keys > "New SSH Key" でSSH keysを作成する。

"Title"は任意のものでOK。"Key type"は"Authentication Key"のまま変えない。"Key"の入力ボックスに先程コピーした公開鍵を貼り付ける。"Add SSH key" を押して登録完了!

さて、動作確認をしましょう。

git pull

もちろん、パスワードなどは聞かれません。スマートですね。

Discussion

ログインするとコメントできます