アジャイル、スクラム、カンバン: あなたのチームに合ったプロジェクトマネジメント手法は?

6 min read読了の目安(約5400字

(原文) Agile vs. Scrum vs. Kanban: Which Project Management Methodology is Right For Your Team?

理想的なプロジェクトマネジメント手法を選択することで、ユーザーはプロジェクトの重要な要素を特定し、処理することで結果を最適化することができます。これにより、チームは特定のプロセスを活用して、期限と予算を管理することができます。

例えば、アジャイル方法論は、その言葉が示すように、機能横断的なチームとエンドユーザーの間のダイナミックなコミュニケーションと絶え間ないフィードバックに焦点を当てています。

プロジェクトマネジメントの手法は、チームの成功に向けた一貫した基準となるものですが、万能なものではありません。そのため、プロジェクトマネジメントチームは、決定する前に手法の利点を確認することが重要です。

アジャイルvsスクラムvsカンバンの比較の概要

アジャイル方式

アジャイル手法は、プロジェクトの状況の変化に対応するために、漸進的かつ反復的なアプローチに重点を置いています。一般に、アジャイル手法は、2001年に起草されたアジャイル・マニフェストに含まれるコンセプトに関連するあらゆるプロセスに適用されます。

スクラム方式

スクラムは、アジャイル手法の中でも最も広く適用されているものの一つです。この方法論では、プロジェクト全体を通して維持される一貫した特定の役割、会議、および責任のセットを利用します。スクラムは1993年にソフトウェア開発者のジェフ・サザーランドによって考案され、現在も人気の高い手法です。

カンバン方式

カンバン方式は、アジャイル手法を視覚的に表現したものです。プロジェクトの詳細を一目で把握することができるため、サイクルタイムを最小限に抑えながら、全体のワークフローを最適化することができます。

ここでは、各手法の主な特徴をご紹介します。

アジャイル

  • 12項目のマニフェストを掲げ、チームがよりアジャイルなコミュニケーションを行うための指針とする。
  • チームとエンドユーザーであるお客様とのダイナミックなコミュニケーションを通じて、継続的な改善を促します。
  • 最終目標が漠然としているプロジェクト、つまりフィードバックによって形成されるワークインプログレスをサポートする。
  • 変化への適応に重点を置く。計画サイクルを短くすることで、バックログの編集や最適化が容易になります。

スクラム

  • アジャイル方式のサブセットです。
  • 透明性とユーザーの可視性を重視するプロジェクトに最適。
  • コーディングや関連するプロセスを少量ずつまとめて行うことで、説明責任を果たすことができる。
  • チームワークの向上により誤解のリスクを減らし、変更を容易にする。
  • 1~2週間のスプリントと呼ばれる統一された反復作業で機能するため、プロジェクトチームは途切れることなく一貫したソフトウェアを出荷することができます。

カンバン

  • プロジェクトの詳細を簡潔に示す、視覚的に優れたフレームワークです。
  • 簡単にカスタマイズできるオンラインのかんばんボードでワークフローを管理します。
  • カンバンボードには、プロジェクトのステータスや役割などの主要な詳細情報で分類された複数のスイムレーンが適用されます。
  • ボードは色分けされており、完了したタスクは紫、進行中のタスクは緑に分類されるなど、一目で参照できるようになっています。

正しい方法論の選択

プロジェクトの目標は何ですか?

プロジェクトの目的によって、チームや組織が優先的に取り組むべきプロセスを絞り込み、理想的なアプローチを決定します。そのため、プロジェクトマネジメント手法を決定する前に、プロジェクトの種類とそれに伴うプロセスを確認することが重要です。

つまり、プロジェクトを推進するための重要な基準を検討することになります。その基準とは、予算、複雑さ(スケジュールや関係者の数に基づく)、スケーラビリティ(対象となるアウトリーチ、長期的なビジネスプラン)、役割の専門性、リソースの利用可能性、業界の慣習、スケジュールなどです。

基準を評価した上で、プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの構造を強化する方法論を求めることができるようになります。そのためには、それぞれの方法論の長所と短所を比較し、リスクの高いものを排除しつつ、最大の効果を得られるような選択をする必要があります。

誰がプロジェクトに参加する必要があるのか?

お客様への貢献

プロジェクト・マネジメントにおいて、お客様の役割を確立することが重要です。プロジェクトマネージャーは、お客様と開発チームの間にシームレスなコミュニケーションチャネルを提供するよう努めるべきである。これには、お客様のユーザーの反応とバックエンドのデータ管理をリアルタイムで更新するなどの相互作用を促進することが含まれます。

どのチームとステークホルダーを巻き込む必要があるか?

プロジェクトマネージャーは、各チームの規模と、様々な役割間の最適なコミュニケーション方法を決定する必要があります。選択した方法論は、効率的なコラボレーションを維持しながら、チームが個々の成果物を達成できるようサポートするものでなければならない。また、プロジェクトマネージャーは、予算承認などのハイレベルな計画を担当する主要なステークホルダーと密接に連携する必要があります。最適な方法論とは、プロジェクトマネジメントの各階層間のつながりを最適化することです。

プロジェクトチームと役割の特化

プロジェクトに関わる役割やチームによって、プロジェクトマネジメントにおけるコミュニケーションの種類や頻度が決まります。また、各ステークホルダーに適切なサポートや特権を提供するために、様々な役割の専門性を特定することが重要です。

タイムラインは何ですか?

タイムラインは、プロジェクトマネージャーが現実的な目標を決定するのに役立ちます。タイムラインの計画には、予算の検討、関係する様々な役割の推定応答率、技術的なエラーやその他の潜在的な挫折に対する余裕を含める必要があります。

予算はどのくらいですか?

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのプロセス、役割、タイムラインを考慮して、プロジェクトの予算を設定する必要があります。複雑なプロジェクトでは、様々なプロジェクトマネジメント手法の組み合わせが必要になることもあります。

予算のトラッキングは、透明性と一貫性のある方法でステークホルダーに提供されるべきです。プロジェクトの予算は、プロジェクトの変動を見積もる際のベースラインとなるため、望ましい方法論を評価する上での主要な要因となります。

プロジェクトの複雑さは?

複数の役割や手順を伴うプロジェクトでは、最も効果的な結果を得るために複数の方法論を組み合わせる必要があるかもしれません。複雑さは、関係する役割、時間、コストなどの要件に基づいて評価されます。

プロジェクトの拡張性は?

プロジェクトの長期的な目標を決定します。これには、拡張の範囲とスケジュールが含まれます。プロジェクトマネージャーは、設定された目標に沿ってプログラムがスケールアップできるかどうかを確認する必要があります。スケーラビリティには、プロセスや役割の追加などの変数が含まれます。プロジェクトマネージャーは、これらの変更を、最も早く、最も効果的に、そして手頃な価格で実施する方法を決定しなければなりません。

最適なツールを使う

プロジェクト管理は、最適な手法を適用することで、シンプルで優れた結果を得ることができます。プロジェクトの成功には、効果的なプロジェクト管理ソフトウェアの選択も同様に重要です。UXPinは、あらゆる方法論をサポートする主要なプロジェクト管理ソリューションです。UXPinは、あらゆる方法論をサポートするリーディングプロジェクトマネジメントソリューションです。このプラットフォームには、以下のようなダイナミックな機能が搭載されています。

  • UXPinは、あらゆる方法論をサポートする最先端のプロジェクト管理ソリューションです。また、アップロードされたデザインは暗号化されてバックアップされるため、セキュリティも万全です。

  • また、通知、タスクの割り当て、承認の要求などが組み込まれているため、スクラムのフレームワークの下でプロジェクトが慎重に処理され、最大限の説明責任を果たすことができます。

  • 簡単なプッシュ&プル操作でプロジェクト関係者をつなぐ、ダイナミックでまとまりのあるシステムにより、ユーザーのアジャイル手法へのアクセス性を最適化します。ユーザーは、パスワードで保護されたリンクを通じて、プロジェクトの仕様を開発者と簡単に共有することができます。

さらに、UXPinは、無制限のプロトタイプとレビュアー、ステークホルダーの承認、条件付きロジック、文脈に沿ったドキュメントなど、デザインとプロトタイピングの膨大な要素でプロジェクト管理を強化します。

UXPinは、あらゆるメソドロジーに対応した、プロジェクトのニーズに応えるワンストッププラットフォームです。UXPinは、お客様の素晴らしいアイデアを実現するお手伝いをいたします。

本記事は2020/7/30投稿を翻訳したものです。