Netsmartがどのようにヘルスケア技術を構築するか - 導入事例

6 min read読了の目安(約5600字

(原文) How Netsmart builds healthcare technology using UXPin – case study

健康技術は急速に発展しています。誰かが医療の助けを必要としているとき、人々が必死にお湯を沸かしたり、シーツを破ったりしていた時代は、幸いにも終わりを迎えようとしています。私たちはオンライン医療サポートプラットフォーム、心拍モニター、早期診断、低侵襲治療オプション、患者ポータル、そしてあらゆる種類のデジタルヘルスケアサービスの時代を迎えました。私たちが最も弱い立場にあるとき、私たちはテクノロジーに頼ることができます。

ヘルステック企業の皆さん、プレッシャーはありません。

Netsmartとは何者か、そして彼らがどのようにして世界をより良い場所にするのか

Netsmartは、医療技術部門で信頼性の高いソリューションを提供し、経験を構築するという課題に立ち向かうことを決めた会社のひとつです。彼らはアメリカに拠点を置くヘルスケアIT企業で、2,000人以上のアソシエイトを抱えています。彼らは、ビヘイビアヘルス、ファミリーサービス、ポストアキュートケアなど、さまざまなヘルスケア市場にテクノロジーを提供しています。

言うまでもなく、この業界は非常に厳しいものです。人の命がかかっているからというだけでなく、どんなに大きな理由があったとしてもです。製品開発の観点から見ると、やはり大きな課題は、あらゆる種類のユーザー体験に対応しなければならないことです。

ネットスマートが設計・開発する製品は、複雑なUXニーズを持つさまざまな介護現場に対応しています。数週間かけて人工膝関節のリハビリを行うものから、一生かけてうつ病を管理するものまで、さまざまなニーズに応えるために、あらゆる機能を組み合わせた製品を提供しているのです。

ネットスマート社のデザインチームの運営方法

カンザスシティ・メトロを拠点とする1つのオフィスでは、非常に機知に富んだ3人のチームが共同作業を行っています。既存のツールに新しい機能を追加したり、市場の大きな部分を占める新製品を作ったりしています。

リサーチ、モックアップ、ワイヤーフレーム、ユーザーテスト、そしてエンジニアへのデザインの引き継ぎなど、UXのプロセスはすべて彼らの手に委ねられています。実際、Netsmartではワイヤーフレームはあまり使われておらず、よりハイファイなデザインが行われていますが、これは彼らが選択するツールセットに関して非常に重要なことです。

家には医者がいる?

フルスタック・コラボレーティブ・デザイン・ツールであるUXPinを使って仕事を次のレベルに進めることを決める前、Netsmartの仕事はどのようなものだったのでしょうか?Illustratorでフラットなモックアップを作成し、インタラクションを表現するためにパラグラフを入力していました。

この4年間で会社が大きく成長したため、彼らのデザインプロセスもスケールアップしなければなりませんでした。デザインし、テストし、そして何よりも開発しなければならない製品がどんどん増えていくのです。彼らは自分たちのアイデアを関係者やユーザーに説明しようとしましたが、この特殊な業界ではピッチングやユーザーテストは容易ではありません。Netsmart社のシニアUXエンジニアであるGraciela Brewer氏は、実際のインタラクションにAxureを使用してきたが、なぜかうまく編集できずに苦痛だったと認めています。

私たちのプロトタイピングは通常、完全なワークフロー設計を伴うものであり、別のページにリンクするだけのインタラクションは、私たちのチームには合わないのです。 - Netsmart社 シニアUXエンジニア Grace Brewer氏

デザインとエンジニアの作業が重複するようになり、チームは毎回ゼロからやり直していました。その時、切実な疑問が生まれました。どうすれば均一化できるのか?

Netsmartチームが解決しようと決めた主なペインポイント

  • この会社には、あらゆる種類の製品のプロトタイピングのニーズがあった。
  • 医療業界はテクノロジーに疎いため、アイデアを説明するのが難しかった。
  • ユーザーがテストを完了するのがやっとだった。
  • デザインを一からやり直す必要があった。
  • デザインプロセス全体で一貫性を保つのが難しかった。

Netsmart社がUXPinを選んだ理由と経緯

Netsmartは何千人もの従業員を抱える企業ですが、デザインチームは昔も今もとても小さいです。会社全体の成長と期待の高まりに伴い、彼らは新しい、より速い仕事のペースに適応しなければなりませんでした。そのため、デザインやプロトタイプの需要に合わせて拡張できるツールセットが必要でした。

また、このツールは、デザイナーが実際の製品のようなUIデザインを作成できるものでなければなりませんでした。そうすれば、ユーザーテストがうまくいき、デザインチームが考えていたことをステークホルダーがよりよく理解することができます。彼らは、コラボレーションをスムーズに行うことも楽しみにしていました。お互いの間だけでなく、何よりも開発チームとのコラボレーションを円滑にしたいと考えていました。

グレースと彼女のチームは、デザインツールを自由に選ぶことができたので、3つの主要な特徴を備えていなければならないと決めました。それは、以下の通りです。

  • スケーラブルであること
  • インタラクティブで、
  • 協調的であること。

Webflow、Sketch、InVisionなどを試してみた結果、UXPinが最も適していると感じました。それが2016年のことで、それ以来、彼らはこの方法でデザインを実現し続けているのです。

現在のネットスマートの仕事ぶり

NetsmartはUXPinを使ってどのようなデザインワークを作っているのでしょうか。オールハンドのデザインチームであるNetsmartは、UXPinを使って、ハイファイなインタラクティブアプリのUIからウェブデザイン、コラテラルまで、あらゆる種類のアセットを作成しています。

彼らの作品の多くは、開発前に経営陣の承認を得るために展示されるため(実際にそうなっています)、彼らは喜んですべてのインタラクション機能を利用しています。このボタンは何をするのか、ユーザーがこのボックスをクリックすると何が起こるのかなど、それぞれのアクションを説明しなければならないような、静的な画像の束ではなくなりました。変数を設定するだけで、簡単に表示させることができるのです。

さらにGrace Brewerが強調したのは、自分たちの分野ではアクセシビリティ機能が非常に役立つということです。弱者や障害者のためのUIデザインを作成することは、非常に複雑で繊細な作業です。エンドユーザーが持っているかもしれない特別なニーズをすべて考慮しなければなりません。

アクセシビリティ機能の追加は、私たちのチームにとって非常に有益です。ヘルスケア関連のソフトウェア会社である当社にとって、アクセシビリティは顧客にとって非常に関連性が高く重要です。様々な色覚異常を持つ人々にデザインがどのように見えるかをステークホルダーに実際に見せることができる機能は、特に意味のある追加機能です。

UXPinがブラウザベースであることも、大きな安心材料です。UXPinがブラウザベースであることも大きな安心材料です。プロトタイプを共有するだけで、簡単に協力したり、期限内に編集したりすることができます。多くのツールを切り替えたり、最新のバージョンを探したりする必要はなく、共通のプロトタイプを維持するだけで、多くの無駄な作業を省くことができます。デザイナーを雇うのは、ファイルをやり取りするためではなく、彼らの創造性や専門知識のためなのですから、最終的には企業のコスト削減にもつながります。

ネットスマート社によるUXPinの主な機能

  • ブラウザベース
  • アクセシビリティ
  • 条件付きの論理
  • 変数
  • インタラクション
  • スペックモード
  • シンボル
  • デザインシステム
  • コメントモード

NetsmartはUXPinで何を得たのか?

まず、簡単に言えば、画像を作成し、それをインタラクティブにすることができるようになりました。これは、あなたの仕事がヘルスケアアプリの作成である場合、大きく変わります。デザイン、インタラクションの説明、開発者への引き継ぎなどの二度手間を省くことができ、時間の節約にもなりました。

彼らは独自のルック&フィールを作成し、それがデザインシステムと一致しました。このようにして、チームはすべてのデザインをゼロから作成するという煩雑な作業をする代わりに、ソフトウェアソリューションとユーザビリティに集中することができるようになりました。また、実際の製品に近い外観を持つプロトタイプの作成により、ユーザーテストも非常に容易になりました。

"完全でリアルなインタラクションを作成できることで、関係者は私たちのデザインをよりよく理解し、クライアントはプロトタイプのユーザビリティテストをより効果的に行うことができ、組織の他の役割の人たちは私たちの仕事をより簡単にデモできるようになりました」。
"

Netsmart社のチームが3年近くもUXPinを使い続けているのは、その間に追加された便利な改良や新機能のおかげだとGrace氏は認めています。UXPinをデザインツールとして使用することで、人々が最も必要としている時に役立つ技術を生み出すことができるのです。

本記事は2019/10/2投稿、2020/4/22更新を翻訳したものです。