🏮

動画のもたらす大きな効果

5 min read

(原文) Your Prototype Videos Could Come With Big Benefits

近年、オンラインビデオの量は驚異的に増加しています。2020年には2億3900万人がデジタルビデオを視聴。YouTubeを含むGoogle Sitesの2021年1月のユニークビューは2億500万回。

もちろん、人々はビデオコンテンツを楽しんでいます。しかし、多くの企業は、製品の発売日直前まで動画を追加していません。特に、最終製品と同様に機能するプロトタイピングツールを使用する場合は、プロトタイプに動画を追加する方が理にかなっています。

プロトタイプの中で動画がうまく機能することがわかれば、製品をリリースしたときにいくつかのメリットが期待できます。

動画はコンバージョン率を高める

実質的にどんなタイプの動きでも、ランディングページのコンバージョン率を高めることができます。コンバージョン率を高めるランディングページの最近の傾向としては、背景動画、イントロ動画、自動再生動画、アニメーション動画を追加することが挙げられます。アニメーションのページ要素でも、会話率を高めることができます。

マーケターであるニール・パテル氏によると、動画を見た視聴者が商品を購入する確率は64~85%にもなるそうです。動画には以下のような効果があると考えれば、高いコンバージョン率も納得できるでしょう。

  • 製品の使用方法を示す。
  • 消費者に製品の使い方を見せる。
  • 視聴者の注意を引き、テキストや静止画像よりも長く興味を持ってもらうことができる。
  • 視聴者の興味をそそる魅力的なメッセージを含む。
  • ブランドの個性を演出する。

しかし、動画はうまく機能しなければコンバージョンを増やすことはできません。プロトタイプに動画を含めることで、世界に向けて公開する前にすべての機能をテストすることができます。

視聴者は動画と対話できますか?埋め込みボタンは機能しますか?動画の拡大・縮小は可能ですか?これらの質問には、テストでしか答えられません。それは、プロトタイプを作る段階か、製品をリリースする直前に行われます。プロトタイプをテストすることで、パフォーマンスを最適化する機会が増え、予期せぬ遅延を避けることができます。

動画はユーザーエンゲージメントを向上させる

動画はウェブサイトやアプリのユーザーを変えるだけではありません。動画はユーザーエンゲージメントを倍増させることもできます。

ユーザーエンゲージメントの向上は、もちろん売上の増加につながります。しかし、すべてのデジタル製品が販売によって収益を上げるわけではありません。アプリやウェブサイトに動画を追加することで、ユーザーが画面を見ている時間を長くすることができます。その結果、広告収入の増加、ブランドの信頼性の向上、コンテンツを利用する意欲の向上につながります。

動画は検索エンジンのランキングを上げる

ウェブページに動画コンテンツを追加すると、時間の経過とともに検索エンジンのランキングが向上します。エンゲージメントを高め、人々をページに長くとどまらせ、より多くの訪問者を惹きつけると、検索エンジンはそれに気付き、ランキングを上げてくれるのです。

動画コンテンツは、検索エンジンの検索結果ページに直接表示することもできます。検索結果のリストに動画が表示されると、インターネットユーザーは、ウェブサイトに移動してテキストを読むよりも手順が少なくて済むため、動画を視聴する可能性が高くなります。人々は、必要な情報にできるだけ簡単にアクセスしたいと思っています。動画を見るための簡単な方法を提供すれば、ユーザーの注目を集め、クリックしてもらえるでしょう。

プロトタイプに動画を追加する

UXPinでは、デザインにビデオを簡単に追加することができます。自分のコンピュータやネットワークに保存されているビデオファイルを追加できます。また、YouTubeやVimeoのビデオを追加することもできます。使用可能なビデオファイルは以下の通りです。

  • MP4
  • Ogg
  • WebM

製品の発売前に、追加されたビデオでデザインをプレビューするのは素晴らしいことです。チーム、ステークホルダー、開発者に、最終製品がどのように見えるか、どのように感じるかを示すためです。特に、デザインシステムを最大限に活用したい場合は、そこで承認されたビデオを追加して、デザインに加えることができます。

UXPinでリアルなプロトタイプを作り始める

製品に動画を入れることで、会話、エンゲージメント、検索エンジンでのポジショニングを向上させることができます。また、プロトタイプに動画を追加することで、プロトタイプでテストすることにより、製品が計画通りに動作することを確認することができます。発売直前に動画を導入するのではなく、プロトタイピングの段階で準備しておきましょう。

UXPinを使って、本物そっくりのプロトタイプを作成するメリットを実感してみてはいかがでしょうか。

本記事は2021/4/21投稿を翻訳したものです。

Discussion

ログインするとコメントできます