🏮

UXの質を高めるポートフォリオレビュー

4 min read

UXデザインの仕事を獲得するには、ポートフォリオの質が重要になります。uxfolioのような企業がオンラインポートフォリオ作成のためのソリューションを専門に提供しているほど、ポートフォリオは採用プロセスの重要な一部となっています。

しかし、どのようなツールを使ってポートフォリオを作成しても、プロジェクトマネージャーに優れたデザインを見せることができなければ、仕事を獲得することはできません。ポートフォリオのプレゼンテーションの質よりも、UXデザインの質の方が重要視されますが、プレゼンテーションを自分のスキルの例として使うことはできます。

残念ながら、自分のUXポートフォリオを客観的に見ることはほとんど不可能です。レビューを受けることで、自分のポートフォリオの強みと弱みを簡単に把握することができるはずです。いくつかの視点が得られれば、自分のスキルや才能を示すUXデザインのセレクションをまとめることができます。

UXPinでは、進行中の作品や完成したプロトタイプを簡単に共有することができ、必要なフィードバックを得ることができます。

UXPinの無料アカウントを作成すれば、誰とでもプレビューを通じて作品を共有し、レビューを受けることができます。

UXデザインを共有し、他の人からフィードバックを得る

UXデザインのポートフォリオを誰かに送っても、必ずしも有意義なフィードバックが得られるとは限りません。たとえレビュアーがあなたのポートフォリオの完成度を高めるために多大な努力をしてくれたとしても、結局はあまり役に立たない情報になってしまう可能性があります。

その難しさの多くは、人々のオンラインでのコミュニケーション方法にあります。ほとんどのUXデザイン、プロトタイプ、ポートフォリオでは、レビュアーは作品に直接意見を書き込むことができません。その代わりに、メールなどで意見を送ってもらいますが、その際には自分が確認したい機能と、それをどのように改善できるかを説明してもらいます。

ビジュアルメディアでは、デザインに直接レビューを残せる機能が必要です。

UXPinでは、メンターや同僚がワークスペース内でリアルタイムにコミュニケーションを取ることができるので、より洞察力のあるUXポートフォリオレビューを得ることができます。右上隅付近にある青いアイコンは、クリックすると何が起こるのかユーザーに伝わっていないのではないでしょうか」というようなことを書く代わりに、アイコンの近くに「これは分かりにくいアイコンですね。機能をもっとわかりやすくしてみてください」というコメントをアイコンの近くに置くことができます。

また、デザインや完全に機能するプロトタイプを共有できるため、UXポートフォリオレビューの質も向上します。プロトタイプレビューが実際の情報や機能に基づいていれば、人々はLorem ipsumや偽のデータに気を取られることなく、正確なアドバイスをすることができます。

おすすめの記事: How collaboration makes you a better designer

Spec Modeを使って、素晴らしいデザインアイデアを実現する

UXデザインを改善する方法を、より経験豊富な人に教えてもらう必要がある場合があります。UXPin Spec Modeでは、あなたのデザインにアクセスして、劇的な結果につながる微妙な変更を加えることができます。例えば、メニューを少し左にずらすことで、ユーザーにアピールできるバランスになるかもしれません。また、無理に多くの機能を盛り込もうとすると、UXを向上させるためにドロップダウンメニューの追加を検討する必要があります。

また、Spec Modeのデザインを開発者と共有し、静的なデザインをデジタル製品に変換する人たちからポートフォリオレビューを受けることもできます。あなたのUXデザインが、開発チームに無理な期待をさせていることがわかるかもしれません。一方で、あなたの作品からCSSコードを生成する能力を評価する開発者からは、賞賛の声が寄せられるかもしれません。UXPinは、あなたのグラフィックから自動的にコードを生成することで、2番目の部分をシンプルにします。

UXPinの無料トライアルを開始すると、Spec Modeでのレビュアーとの共同作業のメリットを実感できます。

おすすめの記事: Design trends 2021

コンセプトを表現する完全な機能を持つプロトタイプを作る

完全に機能するプロトタイプを共有できなければ、最も深いレベルの洞察を得られるポートフォリオレビューを受けることはできません。UXPinはあなたのUXデザインからプロトタイプを生成し、同僚やメンターと共有することができます。

理想的には、機能するプロトタイプを送ることで、現実的なフィードバックを得ることができます。静的なデザインは素晴らしく見えるかもしれません。しかし、それがインタラクティブな機能になることを計画しているのであれば、あなたが期待する機能をレビュアーに体験してもらう必要があります。そうしないと、作品の間違った側面に対するフィードバックを得ることになります。

確かに、優れたデザインは採用担当者やプロジェクトマネージャーを惹きつけるのに役立ちます。しかし、実際に意図したとおりに機能するデザイン機能は、より多くの注目を集め、他の応募者と差をつけることができます。

プロトタイプで機能をテストしてみると、一見すると問題なく機能しているように見えるかもしれません。しかし、その機能が何をすべきかについてのあなたの期待は、あなたの判断を曇らせてしまいます。先入観のない客観的なレビュアーは、新しいユーザーとしてプロトタイプの機能にアプローチすることができます。もし何かが直感的に感じられなければ、改善すべき点を指摘することができます。

おすすめの記事: How to create clickable prototypes

UXPinを使って作品の作成と共有を始める

UXPinでUXポートフォリオを共有することで、あなたの能力をより強く表現するための率直なフィードバックを簡単に得ることができます。UXPinのアカウントを作成すると、誰でもフィードバックやデザインの微調整、反復作業に招待することができます。UXPinアカウントがなくても、フィードバックしてくれる人はいます。UXPinのアカウントは必要ありませんが、正しいリンクを渡しておけば、あなたの成功に貢献してくれます。

今すぐUXPinの無料トライアルを開始して、誰とでも共有できる完全な機能を持つUXプロトタイプを作成しましょう。UXPinはあなたのキャリアに関係なく、あなたのニーズと収入に合ったメンバーシップレベルを提供します。

本記事は2021/5/5投稿を翻訳したものです