🏮

UX負債を解消するための3ステップガイド

2021/05/04に公開約6,700字

(原文) The 3-Step Guide to Erasing Your UX Debt
By Jack Moffett

もしあなたの製品が一貫性のない動作やパフォーマンスに悩まされているなら、おそらく短期的な利益のために長期的な犠牲を払っているのでしょう。UX負債が蓄積されているのです。

例えば、市場シェアを獲得するために「クリティカルマス」と呼ばれる大量の機能をリリースする企業は珍しくありません。チームはまずユーザーを素早く獲得することに注力し、後のスプリントでは後始末をすることにします。

UXの負債については、すぐにすべての答えを知ることはできません。そして、おそらく次のリリースまでにすべてを解決することはできないでしょう。しかし、だからといってあきらめるべきではありません。製品管理者が心臓発作を起こさないような計画を立てることができれば、最終的には負債をなくすことができるでしょう。

準備はいいですか?私たちはこれができるのです。

ステップ1:UX負債リストを作成して検証する

あなたが製品の買収を受ける側であっても、新入社員として入社する側であっても、UX負債を解消するには、自分が直面している問題を発見することから始まります。そのためには、リストを作成する必要があります。

その手順をご紹介しましょう。

まず、製品を使ってみてください。直感的でない点や分かりにくい点を発見するためには、自分自身でこの作業を行う必要があります。使っている間にメモを取るか、誰かにコメントを書いてもらい、交代してみましょう。


UX debt spreadsheet used by my team

もう一つのコラボレーションの方法は、チームのクラウドフォルダにあるスプレッドシート(このようなもの)を使って、一緒にヒューリスティックを評価することです。制作者のSusan Rector氏とKim Dunwoody氏が提案するように、以下のカテゴリーの基準に基づいてレビューします。

  • 見つけやすさ
  • アクセシビリティ
  • コミュニケーションの明瞭さ
  • 有用性
  • 信頼性
  • 学習可能性
  • 全体的な美しさ
  • 説得力のあるデザイン

チーム全体を巻き込むことで、UXギャップの確固たるスナップショットを作成することができます。評価の完了には1週間以上かかることは間違いありません。必ず管理可能な期間を確保して、ゆっくりと評価を進めてください(例:1~2ヶ月)。

この作業は非常に参考になりますが、最終的にはあなたは対象ユーザーではないことを忘れないでください。

UX負債の棚卸しを行った後は、実際のユーザーや専門家を観察したり、話を聞いたりして、調査結果を検証する必要があります(詳細はRian van der Merwe氏の無料ガイド「Practical Enterprise User Research」を参照)。

これにより、プロダクトマネージャーと一緒に、ペイバックスプリントやバックログでの作業の優先順位をより明確にすることができます。

ステップ2:優先順位付け

すべての負債を明らかにしたら、現実的な段階で対処できるように、優先順位をつけなければなりません。

重大度と影響度

問題の大きさは?ユーザーが仕事をするのを妨げていないか?安全性やセキュリティ上のリスクがありますか?潜在的なお客様が競合他社の製品に目を向ける原因になっていませんか?

UXPinと共同で作成した無料ガイド「Eliminate UX Gaps In Your Product」で説明しているように、これらはすべて比較的深刻な影響であり、問題の優先順位が高いことを示唆しています。

しかし、マイナス面だけを考えてはいけません。ユーザーが目にする改善点はどの程度のものでしょうか?その改善によって、1ヶ月の間に何時間もの時間を節約できるでしょうか?エラーは減りますか?もしそうであれば、現在は大きな問題ではないと考えられていても、高い優先順位をつける価値があるかもしれません。

多くの製品を抱えている場合は、UX Maturity Modelを優先順位付けの基準として採用することも考えられます。

対策にかかる時間の目安

修正にはどれくらいの時間がかかりますか?

CSSを微調整するだけであれば、次のビルドに組み込むことができるかもしれません。一方で、かなりの量の開発が必要であったり、徹底的なリグレッションテストが必要であったりする場合には、同様の処理を必要とする他の問題と一緒に解決できるまで、保留することが理にかなっているかもしれません。

責任者

誰がその問題に対処するのでしょうか?

UXチームが主に担当していて、彼らの仕事量が少ない場合は、高い優先度を与えることができます。特定の開発者の注意が必要で、その開発者がすでに他の優先度の高い仕事に割り当てられている場合は、待たなければなりません。

ステップ3: スケジュール

債務に優先順位をつけた後、次のステップはプロダクトマネジメントと協力して、それをリリーススケジュールに組み込むことです。

最近はアジャイルが流行っているので、アジャイルではないプロセスは "ウォーターフォール "というレッテルを貼られているようです。私はそれを少し否定しているように思います。アジャイルにも程度がありますし、ストーリーやスクラム、スプリントを伴わない効果的な反復プロセスもあります。

しかし、今回の目的のためには、アジャイルでないプロセスを一度に取り上げます。そして、アジャイルチームのための提案をします。

もしあなたがアジャイルでないなら

あなたの仕事はおそらく、リリースサイクルに基づいて計画されています。あなたの組織は、開発努力がどれくらいかかるか、機能がどれくらい顧客に必要とされているか、何が売れるか、どんなバグがあってどれくらい悪いかなどの基準に基づいて、次のリリースに何を入れるかを決めます。

私はUX債務の問題をバグとして扱うことを推奨しています。このアプローチの本当の利点は、負債項目をバグと同じツールとビジネスプロセスを使って入力し、追跡できることです。これにより、確実にレビューされ、平等に扱われます。課題レビューボードのUXチームの代表者は、項目に優先順位をつけ、ユーザビリティ問題が相応の重みを持つようにします。

UXチームの代表者は、リリースが予定されている場合、プロダクトマネジメントと密接に連携することが理想的です。

アプリケーションの特定の部分の作業が予定されているときは、UX負債をチェックしてください。UX負債に同時に対処することで、多くの労力を費やすことになりませんか?多くの場合、コードがすでに開発者によって更新されているため、節約できることがあります。優先度の低い項目であっても、負債を返済する機会を利用しましょう。

アジャイルであれば

健全なアジャイルプロセスを採用している企業であれば、負債を他のタイプの仕事と一緒に優先順位付けしたり、ストーリーポイントを割り当てたり、スプリントに組み込んだりすることに問題はないはずです。

リズムを見つける

しかし、私自身の経験では、アジャイルは反復的な改善方法としてではなく、より多くの仕事をより早くこなすための方法として受け入れられています。

このような状況では、UX負債のスケジュールを立てるのが難しくなるかもしれません。(経営陣が考えるに)彼らがまとめようとしていることをすべて取り入れるには十分な時間がないため、あなたが求めている些細な修正をする時間がないのです。


Photo credit: Laura Kershaw. Design process at Kaplan Test Prep for UX Design in Action.

そのような環境に置かれている場合は、負債に対処するためのリズムを見つけることが目標となります。

スプリントごと(または隔週)に一定のストーリーポイント数を提案する。あるいは、ある一定の間隔で負債に対処するためのスプリントを設けることも考えられます(ペイバックスプリント)。これは少なくとも、過去の負債のバックログ(負債の在庫)が処理されるまで行うべきです。そうすれば、定期的なスケジュールがなくても、新たに発生した負債を処理することが容易になるはずです。

"チーズの日"を設ける

さらにタイトなスケジュールの場合は、できるだけ多くの負債を処理するために「チーズデー」を開催することを検討します。60日に1回、1日だけのワークショップを開いて、借金リストから多くの項目を削除すると、経営陣はほとんどの場合受け入れてくれます。

Roy Man氏が提案する以下の手順は、現実的で効果的です。

  • チーズデーの約2~4週間前に、選択したアプリ(Asana、Trello、Basecampなど)でプロジェクトを作成し、カスタマーサポートから開発者やデザイナーまで、全員に製品の困った点を簡潔に説明するよう促す。
  • 下の表のアドバイスに基づいて、チーズリストに優先順位をつけます。Quick Wins "と "Nice-to-Haves "を分けます。


Photo credit: Joe Natoli

  • チーズデーには6~8時間の予定を立て、その日のことを全員に知らせ、すぐに「クイックウィン」に取り掛かりましょう。全員が生産性を感じ、最後には経営陣に進捗状況を示すことができるでしょう。

まとめ
最も重要なことは、コラボレーションによってUX負債に対処することです。

UX負債は、UXグループだけでなく、組織全体の責任として理解されるべきです。UX負債に必要な注意を払うためには、チーム全体との良好な関係が必要です。

そしてもちろん、UX負債をなくすための最良の方法は、常に最初からそれを避けることです。

この記事が役に立った方は、無料の電子書籍「製品のUXギャップをなくす」をダウンロードして、より多くのアドバイスを得てください。

Discussion

ログインするとコメントできます