プロジェクトでReact.jsコンポーネントを使う7つの理由

6 min read読了の目安(約5400字

(原文) 7 Best Reasons To Use React.js Components In Your Project

React.js は UXPin で使用できる Javascript コンポーネントのライブラリで、プロジェクトをより速く、より簡単に作成することができます。多くのReactの利点があるため、プロダクトデザイナーや、独自のページやアプリを作成することに興味がある人に人気があります。

Facebookによって2013年に設計されたReact.jsを使えば、モバイルアプリやシンプルなウェブページを簡単に構築できます。しかし、そのシンプルさに騙されてはいけません。このライブラリには、デザインプロセスをスピードアップさせる強力なオプションが満載です。利用可能なコンポーネントを使えば、新しい情報やデータが収集されると即座に更新されるアプリを作成することができます。

  1. ページをリロードせずに瞬時に更新できる
    おそらくReactの利点の中で最も大きいのは、ページ全体をリロードすることなく、ウェブページやアプリの個々の要素を更新できることです。Facebookでは、人々が「いいね!」をクリックしたり、コメントを書いたりすると、すぐに表示されるこの機能を実際に見ることができます。過度な読み込みは不要で、この機能を使えば、情報が入ってきたときにすぐに更新することができます。

  2. JSX内で条件文を使う
    JSXはReact.jsのコンポーネントをより効率的にするためのJavascriptの拡張機能です。これを使うことで、マークアップとロジックの両方を1つのファイルで作成することができるので、複数のファイルで作業する必要がなくなります。JSXを使うと、条件文を簡単に作成して、デザインやアプリの機能性を向上させることができます。実際には、HTML と JSX をブレンドして、希望通りの結果を得ることができます。
    また、JSX は Javascript よりもはるかに高速なので、プロジェクトをより早く完了させることができます。独自のテンプレートを構築するのも非常に簡単です。

  3. 同じコンポーネントを再利用する

モバイルアプリをデザインする際に、同じアセットを使用することができます。Reactはもともとコードコンポーネントを再利用することができなかったため、多くの時間が無駄になりました。しかし、現在ではそのオプションが利用できるようになっており、同じコードやアセットを使用してニーズに合わせて調整することで、作業をさらにスピードアップさせることができるようになりました。

  1. 1つのコンポーネントだけを更新する
    すべてのReact.jsコンポーネントは別々に動作するので、すべてを更新しなくてもアプリの1つのセクションを変更することができます。これはまた、アプリの各エリアで同じコンポーネントを使用して、個々の部分を変更することができることを意味します。更新する量が少なくて済むので、全体のプロセスがはるかに効率的になります。

アプリにエラーやアップデートがある場合は、これを簡単に処理することができます。多くのアプリやプログラムでは、コードが複雑なため、アップデートが簡単ではありません。ある領域の単純な変更が、アプリ全体の問題を引き起こしてしまうことも多々あります。しかし、React.jsコンポーネントを使えば、そんなことを心配することなく好きな場所で素早く調整を行うことができます。

  1. コードは素晴らしく安定している

他の多くのオプションとは対照的に、React.jsは安定したコードを提供します。これは、下向きのデータフローを利用することで実現されています。実際には、コードが子構造の変更から親構造を保護する方法です。
これまで不安定なコード、バグ、長く長引くメンテナンス手順などの問題を抱えていた人は、React.jsを気に入ることでしょう。そのコンポーネントだけに集中してバグを修正できるので、より多くの時間を節約することができます。

  1. React.jsは習得しやすい
    React.jsのコンポーネントは非常にユーザーフレンドリーなので、誰でも使いこなせるようになります。Reactの最大のメリットは、Javascriptを知っていればReactの使い方がわかるということです。Javascriptを知らなくても、コンポーネントを覚えるのに問題はないでしょう。コンポーネントは非常によく設定され、設計されているので、それらを理解するのにほとんど時間がかかりません。コードも非常に絞られているので、少し学ぶだけでもいろんなことができるようになります。

  2. React.jsの背後には非常に頑丈なエンジニアリングチームがある

元々はFacebookが社内で使うために設計されたものでしたが、React.jsのライブラリは欲しい人がいれば誰でも利用できるようになりました。とはいえ、設計を支えているエンジニアリングチームの存在は大きいです。その中には、FacebookやInstagramのチームや、その分野に精通した外部の開発者も含まれています。

アプリにReact.jsのコンポーネントを使う場合は、専門家の手に委ねられているということになります。また、世界で最も大きなアプリのいくつかがReactを使用しており、Facebookが今後何年もReactをサポートする可能性が高いことを覚えておくと便利です。Netflix、Paypal、Dropbox、Khan Academy、Lyft、Reddit、Coursera、BBCなどは、React.jsコンポーネントを使って構築された数多くのサイトのほんの一握りです。普及が進むにつれ、Fortune 500企業のサイトでもReact.jsフレームワークを目にするようになるでしょう。

React.jsは世界中で重要視されているため、今後も既存の要素を改良し、構築していくことが期待できます。React.jsは完璧なユーザーインターフェースの作成をこれまで以上にシンプルにし、プロダクト、ウェブサイト、アプリをこれまで以上に早く市場に出すことを可能にしてくれます。UXPinに無料で参加してみませんか?

UXPin は、世界中の製品チームがアイデアをより早く製品に変えるのを支援するデザインプロセスツールです。

UXPin の革新的なテクノロジーである Merge を使用することで、PayPal のような企業は DesignOps の課題を簡単に解決することができます。UXPin Merge を使用すると、最終製品との完全な整合性を達成するために React コンポーネントを使用してデザインすることができます。

本記事は2021/1/5投稿、2021/1/20更新を翻訳したものです。