なぜnpmjs.comのdownloadsの数が増えているのだ?

公開:2020/09/17
更新:2020/09/19
2 min読了の目安(約1400字IDEAアイデア記事

この記事について

この記事は、npmjs.comで自作ライブラリを公開した時に、なぜだか最初からdownloadsの数が増える問題を解説した記事になります。

問題となる場所

eslint-plugin-scdのnpmページ

赤枠で囲ったdownloadsの部分ですが、一時的にdownloadsの数が伸びているのがグラフから分かります。

npmjsのブログにそのことが書いてあった

「 なんでだろう?🤔 」と思って調べてみたら、npmjsのブログにその事の記載がありました。

numeric precision matters: how npm download counts work

以下、上記の記事の内容を引用した内容です。

npm’s download stats are naïve by design: they are simply a count of the number of HTTP 200 responses we served that were tarball files, i.e. packages. This means the number includes:

・automated build servers
・downloads by mirrors
・robots that download every package for analysis

So the count of “downloads” is much larger than the number of people who typed “npm install yourpackage” on any given day.

上記の内容の要約&翻訳

npmjsのdownloadsの数は、シンプルなHTTP200レスポンスの数になる。
そのため、その日にnpm install yourpackageをした人の数よりも大きい数になる。

つまり、ボットとかビルドサーバーの影響で、

誰もダウンロードしなくても勝手にダウンロード数は伸びるよ

ってことです。

初めて自作ライブラリを公開した時は、downloadsの数を見て、
「 やったー!けっこうダウンロードされている!嬉しい😊 」なんて思っていましたが、糠喜びだったようですね。

(*´Д`) ハァ...

因みに、ライブラリを公開する( バージョンアップも含む )たびに50ぐらいは必ずダウンロードされるので、これにも糠喜びしないように注意しましょう。

しかし、「 50ぐらいは必ずダウンロードされる 」という事は、
言い換えれば、100ぐらい行くと人がダウンロードした可能性があるという事です。