🎃

Hankoを使ってAndroidでpassKeyログイン試してみた

2022/12/17に公開約2,800字

本記事は「株式会社RetailAI X Advent Calendar 2022」の17日目の記事です。
昨日は@takudooonさんの「ESP32を通してUSBデバイスへの理解をちょっと深めた話」でした。


パスワードレスな認証を実現する認証ミドルウェア Hanko を
モバイルアプリから利用するドキュメントとサンプルコードが公式から提供されました。
passKeyの勉強のために動かしてみます。

https://docs.hanko.io/guides/mobile_guide

試してみる

Hanko CloudでHankoプロジェクトを作成(セルフホストもできます)

https://cloud.hanko.io

サンプルアプリのソースコードをClone

git clone https://github.com/teamhanko/hanko-android-example.git

app/src/main/java/io/hanko/hanko_mobile_example/KtorClient.ktBASE_URL変数の値を、作成したHankoバックエンドのURLに変更します

プロジェクトの Sttings > Hanko API URL からコピー

object ApiRoutes {
    private const val BASE_URL = "<YOUR_HANKO_API>"

これだけでも、ワンタイムパスワードによるユーザー登録とログインができます

このままではパスキーは登録できないので、アプリリンクを設定します。

デジタルアセットリンク設定

https://developers.google.com/identity/fido/android/native-apps

以下のような内容のassetlinks.jsonを用意して、ホスティングします。

レスポンスヘッダーは Content-Type: application/json

  • package_nameに開発中のアプリのパッケージ名 (今回の場合、io.hanko.hanko_mobile_example)

  • sha256_cert_fingerprintsには、アプリの署名証明書の SHA256 フィンガープリントを記入します。

    • keytool -list -v -keystore ~/.android/debug.keystore で取得できます

[
  {
  "relation": ["delegate_permission/common.handle_all_urls", "delegate_permission/common.get_login_creds"],
  "target": {
    "namespace": "android_app",
    "package_name": "パッケージ名",
    "sha256_cert_fingerprints": ["DE:AD:BE:EF:..."]
    }
  }
]

自分は、ローカルにサーバーを起動してCloudflare Tunnelで外部公開しました。

app/src/main/res/values/strings.xmlファイルで指定されているassetlinks.jsonのドメインを、自分がホスティングしているドメインに置き換えます。

例: "include":"https://{project}.trycloudflare.com/.well-known/assetlinks.json"

hanko cloud側の設定

プロジェクト Sttings > Hanko APP URL に assetlinks.jsonをホスティングしているドメインを入力

プロジェクト Sttings > Android APK key hash にAndroid APK キー ハッシュを入力

入力する値は以下のコマンドで取得できます

echo 'android:apk-key-hash:'"$(keytool -exportcert -alias androiddebugkey -keystore ~/.android/debug.keystore | openssl sha256 -binary | openssl base64 | tr -- '+/' '-_' | tr -d '=')"

起動

起動する前に、動かす端末やエミュレーターで以下を行ってください

  • Googleアカウントにログイン
  • スクリーンロックを設定

アプリを起動すると以下の機能が利用できました

  • メールアドレスとワンタイムパスワードでログイン
  • パスキーの登録
  • パスキーでログイン

感想

パスワードレスの認証を導入は、店舗オペレーションの負担軽減とセキュリティの強化につながると考えています。

今回、勉強のためにHankoを利用して、passKeyバックエンドがすぐに用意でき、大変便利でした。

次は、iOSでのpassKey認証を試そうと思います。

参考

https://docs.hanko.io/guides/mobile_guide

https://codelabs.developers.google.com/codelabs/fido2-for-android#0

https://developers.google.com/identity/fido/android/native-apps

https://github.com/mojaloop/contrib-fido2-flutter-lib

https://developer.android.com/training/app-links/verify-android-applinks?hl=ja#web-assoc

次は…

明日は、@yoshitake_tatsuhiroさんのPrefectを試用したになります!

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます