🤖

ESP32-S3開発ボードを自作と販売

2023/09/30に公開

ESP32-S3は、大ヒットした初代ESP32-WROOM-32(いくつかマイナーバージョンアップはしている)の後継マイコンで、利用できるピンが増えています。

旧型の開発ボードなども普通にまだ販売されていますが、既に生産終了しているはずなので、以降はこのESP32-S3使ったほうが良いかと思います。

使えるピンは増えたものの、電源周り、プログラマ関連のピンは互換性があります。

ボード製作の経緯

このボード作った経緯としては、自作プロダクト製作するにあたって、余計な部品を極力取り除いて、必要な部品だけで組み合わせて評価したかったのと、市販開発ボードは幅が広くてブレッドボードで使いづらいなどあって自作してみました。

マイコン本体はAliexpressか秋月さんで購入できます。

https://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-17256/

開発ボード外観

上図が実装した基板、下図が未実装のボードです。

左上にプログラム書き込みに必要なピンと電源(3.3V)を集約していて、端部にほかのピンを一列に配置してます。あと中段にVDDとGNDを引き出していて、ブレッドボードの電源ラインに合うようになっています。

example1

example1

example1

BOOTHにて基板を提供してます

なくなり次第終了ですが、以下で販売してます。良かったらどうぞ。

https://chihiro1234567.booth.pm/items/5094214

Discussion