💡

Node ExpressでJSONを取得・返却する

2022/06/24に公開約1,200字

ディレクトリを作成します。

$ mkdir basic-auth
$ cd  basic-auth

npm環境をセットアップして、package.jsonを生成

$ npm init -y

expressのインストールします。

$ npm install express

Visual Studio Code の Extention(拡張)の検索で、"REST client"を探しインストールします。
test.httpという新規ファイルをフォルダ内に作成し下記を記載して保存します。

POST http://localhost:3000 HTTP/1.1
content-type: application/json
 {
    "name":"taro"
}

次にindex.jsを作成し下記のコードを記載します。

const express = require('express')
const app = express();
app.use(express.json())
app.use(express.urlencoded({ extended: true}))

app.post('/', function(req, res) {
    console.log(req.body)
    console.log(req.body.name)
    res.json({ "hello": "taro" });
    });

app.listen(3000, console.log('Server listening port 3000'))

以下のコマンドを実行します。

node index.js

コマンド上に"listening on port 3000!"の表示を確認したら
test.httpに記載した画面を開き、Send Request 部分を押下します。

Rest Client が{ "hello": "taro" }のレスポンスを受け取ればOKです。
基本構造

Discussion

ログインするとコメントできます