ZennのGoogle AnalyticsトラッキングID設定方法

公開:2020/11/22
更新:2020/11/22
2 min読了の目安(約2400字TECH技術記事

Zennで自分の書いた記事をトラッキングする

Zennで自分の書いたどんな記事が読まれているか計測したかったので、Google AnalyticsのトラッキングIDを設定してみました。トラッキングIDを設定すると、Google Analyticsで記事アクセスに関する情報(PV数やアクセスの多い時間帯など)を計測することができるようになります。


手順は簡単で、ざっくり以下のとおりです。

  1. Google AnalyticsでトラッキングIDを取得する
  2. ZennでトラッキングIDを設定する
  3. 実際に計測できているか確認する

2020年11月時点での手順をメモしておくので、皆さんもぜひ設定してみてください😊

1. Google AnalyticsでトラッキングIDを取得する

すでにGoogleアカウントがある前提で説明します。なければ作りましょう。

https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

はじめてGoogle Analyticsを使う場合は、Google Analyticsのページにアクセスして「測定を開始」をクリック。

Google Analytics自体のアカウントがある方は「管理」をクリックして新規アカウントを作成していきます。

アカウントの設定でZenn計測用のアカウント名を入力して「次へ」をクリック。

プロパティ名やタイムゾーンを設定して「次へ」をクリック。

「詳細オプションを表示」を開いて「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」を有効にします。ZennのURLを入力して「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」を選択して「次へ」をクリック。

ビジネス情報適当にポチポチして「作成」をクリック。

利用規約で「日本」を選択して「同意する」とプロパティの作成が完了です。

プロパティ設定の「UA-」から始まるトラッキングIDをコピーして控えておきます。

2. ZennでトラッキングIDを設定する

Zennにアクセスし、自分のプロフィールアイコンから「アカウント設定」開きます。

設定画面で「アカウント」タブを開き、Google Analyticsの「トラッキングIDを設定」ボタンをクリック。

先ほどコピーしたトラッキングIDを入れて「保存する」をクリックします。

3. 実際に計測できているか確認する

Google Analyticsのリアルタイムレポートなどを開きながら、Zennで自分の投稿記事やプロフィールページ遷移して反映されるか確認します。

以上でZennのGoogle AnalyticsトラッキングID設定は完了です。

お疲れさまでした😀