🙌

【入門】Electron完全に理解した

13 min read 2

Electronとは

Electronとは、GitHubが開発したオープンソースのフレームワークです。macOS、Windows、Linuxといったクロスプラットフォームに対応したデスクトップアプリを開発することができます。

ChromiumとNode.jsを使用しているため、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb技術を駆使してデスクトップアプリをつくれるのが大きな特徴のひとつです。

エンジニアにはお馴染みのVSCodeやSlackをはじめ、FigmaやTwich、Microsoft TeamsなどのデスクトップアプリにもElectronが採用されています。

そんなElectronを完全に理解するために、お約束のHello Worldから入門してみました。

WindowsでHello Worldしてみる

本記事ではWindowsでの環境構築とアプリのインストーラー作成までの流れを書き残しておきます。

Macは最初からgitも入ってますしNode.jsの導入も比較的容易なため、環境構築まわりでハマることは少ないと思いますので割愛します。

環境

本記事の内容は2020年12月時点での情報となります。今後のアップデート等で環境構築等の手順が変わる可能性がありますので、バージョンが異なる場合は最新の公式情報をご参照ください。

gitのインストール

Electronのプロジェクト作成まわりで内部的にgitが使われるため、事前にインストールしておきます。Windowsでは標準でgitはインストールされていませんので、これまでgitを使ったことが無い方はこの機会に入れておきましょう。

※すでにgitがインストール済みであれば読み飛ばしてください。

gitのダウンロードページからWindows版のインストーラーをダウンロードします。本記事執筆時点の最新バージョンは2.29.2となっていました。

インストーラを起動してNextボタンをポチポチしていきます。基本的には設定そのままで、一部選択変更が必要でしょうか。gitを使うデフォルトエディタでVSCodeを選択したり

シンボリックリンクの有効にチェックを付けておくくらいですかね。バージョンによって画面の選択肢等が変わるので、設定内容の詳細は各自ご確認ください。

ポチポチ押していってインストールが完了したら、gitコマンドが使えるか確認します。PowerShellを開いてgit --versionコマンドを叩いて、インストールしたgitバージョンが出力されればOK。

> git --version
git version 2.29.2.windows.2

これでgitのインストールは完了です。

Node.jsのインストール

Electronの開発にはNode.jsが必要です。Node.jsとnpmのバージョン確認コマンドを実行し、両コマンドが成功する場合はElectronをインストールする準備ができています。

> node -v
> npm -v

コマンド実行ができない場合は、Node.jsインストールしましょう。

Node.jsはバージョンアップが早いため、nvm(バージョンマネージャー)の使用をおすすめします。Microsoftのドキュメントが丁寧でしたので、こちらを参考にインストールしてみました。

NodeJS をネイティブ Windows 上に設定する | Microsoft Docs

※すでにNode.jsがインストール済みであれば読み飛ばしてください。

nvmのインストール

nvm-windowsリポジトリから最新のインストーラーをダウンロードします。

zipファイルを展開してインストーラーを起動。nvmをインストールします。

nvm lsコマンドが叩けるか確認します。

> nvm ls
No installations recognized.

Node.jsの最新バージョンをインストールします。

> nvm install latest

LTS(長期の保守運用が約束されたバージョン)の確認。

> nvm list available

|   CURRENT    |     LTS      |  OLD STABLE  | OLD UNSTABLE |
|--------------|--------------|--------------|--------------|
|    15.3.0    |   14.15.1    |   0.12.18    |   0.11.16    |
|    15.2.1    |   14.15.0    |   0.12.17    |   0.11.15    |
|    15.2.0    |   12.20.0    |   0.12.16    |   0.11.14    |
|    15.1.0    |   12.19.1    |   0.12.15    |   0.11.13    |
|    15.0.1    |   12.19.0    |   0.12.14    |   0.11.12    |
|    15.0.0    |   12.18.4    |   0.12.13    |   0.11.11    |
|   14.14.0    |   12.18.3    |   0.12.12    |   0.11.10    |
|   14.13.1    |   12.18.2    |   0.12.11    |    0.11.9    |
|   14.13.0    |   12.18.1    |   0.12.10    |    0.11.8    |
|   14.12.0    |   12.18.0    |    0.12.9    |    0.11.7    |
|   14.11.0    |   12.17.0    |    0.12.8    |    0.11.6    |
|   14.10.1    |   12.16.3    |    0.12.7    |    0.11.5    |
|   14.10.0    |   12.16.2    |    0.12.6    |    0.11.4    |
|    14.9.0    |   12.16.1    |    0.12.5    |    0.11.3    |
|    14.8.0    |   12.16.0    |    0.12.4    |    0.11.2    |
|    14.7.0    |   12.15.0    |    0.12.3    |    0.11.1    |
|    14.6.0    |   12.14.1    |    0.12.2    |    0.11.0    |
|    14.5.0    |   12.14.0    |    0.12.1    |    0.9.12    |
|    14.4.0    |   12.13.1    |    0.12.0    |    0.9.11    |
|    14.3.0    |   12.13.0    |   0.10.48    |    0.9.10    |

This is a partial list. For a complete list, visit https://nodejs.org/download/release

最新の安定バージョンもインストールしておきます。

> nvm install 14.15.1

使用するバージョンを選択。複数バージョンインストール時はnvm useコマンドで切り替えられます。

> nvm use 15.3.0

インストール済みバージョン一覧でカレントバージョンを確認します。

> nvm ls
  * 15.3.0 (Currently using 64-bit executable)
    14.15.1

npm(Node Package Manager)のバージョンも確認しておきましょう。

> npm --version
7.0.14

以上でNode.jsのインストールは完了です。

Electronのインストール

npmコマンドを使ってElectronのインストールを行います。
Installation | Electron

> npm install electron --save-dev

バージョン確認。

> npx electron -v
v11.0.3

デフォルトのElectronアプリを起動してみます。

> npx electron

こんなアプリが立ち上がればOKです。

Electronのバージョンアップについて

最新の安定バージョンに更新する場合は、以下コマンドを実行します。

> npm install --save-dev electron@latest

Electronのバージョン管理の詳細については、公式ドキュメントを参照してください。

Electron Versioning | Electron

ElectronでHello World

Hello World用に新規プロジェクトを作成します。
Getting Started - Electron Forge

> npx create-electron-app my-electron-app

プロジェクトフォルダに移動してアプリを実行。

> cd my-electron-app
> npm start

Hello World!

Chromiumで動いているので、Chromeと同じくDeveloper Toolで要素解析ができます。

Hello Worldアプリではソースコード内でopenDevTools()が呼ばれているため、起動時にDeveloper Toolが開かれる模様。

index.js
mainWindow.webContents.openDevTools();

初見では環境構築までに少々手間取るかもしれませんが、Hello Worldするのに1行もコードを書いていません。これで良いのかElectron。

Hello Worldのソースコード

ちなみにHello Worldアプリのプロジェクト構造はこんな感じになっています。Node.jsなのでnode_modulespackage.jsonが含まれています。

画面を構成しているソースコードは、htmlJavaScriptCSSの3つ。普通にWebサイトで見かける組み合わせですね。

index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Hello World!</title>
    <link rel="stylesheet" href="index.css">
  </head>
  <body>
    <h1>💖 Hello World!</h1>
    <p>Welcome to your Electron application.</p>
  </body>
</html>

index.js
const { app, BrowserWindow } = require('electron');
const path = require('path');

// Handle creating/removing shortcuts on Windows when installing/uninstalling.
if (require('electron-squirrel-startup')) { // eslint-disable-line global-require
  app.quit();
}

const createWindow = () => {
  // Create the browser window.
  const mainWindow = new BrowserWindow({
    width: 800,
    height: 600,
  });

  // and load the index.html of the app.
  mainWindow.loadFile(path.join(__dirname, 'index.html'));

  // Open the DevTools.
  mainWindow.webContents.openDevTools();
};

// This method will be called when Electron has finished
// initialization and is ready to create browser windows.
// Some APIs can only be used after this event occurs.
app.on('ready', createWindow);

// Quit when all windows are closed, except on macOS. There, it's common
// for applications and their menu bar to stay active until the user quits
// explicitly with Cmd + Q.
app.on('window-all-closed', () => {
  if (process.platform !== 'darwin') {
    app.quit();
  }
});

app.on('activate', () => {
  // On OS X it's common to re-create a window in the app when the
  // dock icon is clicked and there are no other windows open.
  if (BrowserWindow.getAllWindows().length === 0) {
    createWindow();
  }
});

// In this file you can include the rest of your app's specific main process
// code. You can also put them in separate files and import them here.
index.css
body {
  font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, "Segoe UI", Roboto, Helvetica, Arial, sans-serif;
  margin: auto;
  max-width: 38rem;
  padding: 2rem;
}

モバイルアプリ開発で言えば、Titanium mobileやFirefox OSで見た構成です。懐かしさで目頭が熱くなりますね…(遠い目

というわけで、Web系のスキルがあれば何やかんやでサクッとデスクトップアプリが作れてしまうやつです。いやはやすごい時代になりましたね。

Windowsインストーラー作成

有識者であればこの時点で完全に理解したと言えるでしょうが、せっかくのデスクトップアプリということでWindowsのインストーラー作成までやってみました。

手元でビルド実行確認

まずは手元でexeファイルのビルドを試してみます。

> npm run make

outフォルダ配下にexeファイルが生成。このexeを起動すると、先ほどと同じHello Worldアプリが動くことが確認できました。

このビルド形式だとElectronがインストールされた環境でしか動かないため、配布用にパッケージングします。本記事執筆時点ではelectron-packagerではなくelectron-builderが主流のようなので、こちらを使います。

A "complete solution to package and build a ready-for-distribution Electron app" that focuses on an integrated experience. electron-builder adds one single dependency focused on simplicity and manages all further requirements internally.

electron-builder replaces features and modules used by the Electron maintainers (such as the auto-updater) with custom ones. They are generally tighter integrated but will have less in common with popular Electron apps like Atom, Visual Studio Code, or Slack.

You can find more information and documentation in the repository.
https://www.electronjs.org/docs/tutorial/boilerplates-and-clis#electron-builder

electron-userland/electron-builder

electron-builderのインストール。

> npm install -D electron-builder

インストールされたか確認。

> npx electron-builder --help

配布用パッケージング。ビルドオプションはヘルプとドキュメントを参照してください。

> npx electron-builder --win --x64

distフォルダ配下にインストーラーが生成されます。

インストーラーを叩いてインストール。

起動確認。

バッチリですね。

Macでのアプリ動作確認

ついでにMacでも動作確認してみました。

環境

  • macOS Catalina バージョン 10.15.6
  • シェル:zsh

既存プロジェクトのインポート

Windowsで作った既存のHello Worldプロジェクトをクローンして、Macで動かしてみます。
Import Existing Project - Electron Forge

% npx @electron-forge/cli@latest import

npmでインポートしようとしたらエラー発生。エラーメッセージにyarn云々書かれてたのでyarnでやることにしました。

✖ Checking your system

An unhandled error has occurred inside Forge:
Error executing command (yarn --version):
spawn yarn ENOENT
Error: Error executing command (yarn --version):
spawn yarn ENOENT
    at ChildProcess.<anonymous> (/Users/unsoluble_sugar/.npm/_npx/50704/lib/node_modules/@electron-forge/cli/node_modules/@malept/cross-spawn-promise/src/index.ts:162:14)
    at ChildProcess.emit (events.js:314:20)
    at Process.ChildProcess._handle.onexit (internal/child_process.js:274:12)
    at onErrorNT (internal/child_process.js:468:16)
    at processTicksAndRejections (internal/process/task_queues.js:80:21)

Mac環境にyarnが入ってなかったのでインストール。

% npm install -g yarn
% yarn -v
1.22.10

electron-forgeをインポート。今度はエラーが起きることなく通りました。

% cd my-electron-app
% yarn add --dev @electron-forge/cli
% yarn electron-forge import

実行確認

これで実行してみます。

% npm start

無事にHello Worldアプリが起動しました。うれしい。

Macでもパッケージングを試してみます。

% npm run make

Windowsと同様にoutディレクトリ配下にappファイルが出力され、起動確認もOKでした。

package.jsonのbuildプロパティをカスタマイズすることで、各OS用のビルド設定を行うことができます。リリース向けビルドを行う場合は、必要に応じて設定しましょう。
Command Line Interface (CLI) - electron-builder

おわりに

Electronを使うことで、ひとつのプロジェクトでWindows、Mac対応のデスクトップアプリを動作させることができました。ここまでやればElectronの基礎は「完全に理解した」と言えるのではないでしょうか。

本記事の情報は、時間が経てば古くて使い物にならなくなります。最新の情報ソースとして、まずは公式の情報を見るようにしましょう。

現場からは以上です。

この記事に贈られたバッジ