🐙

GitHubでOrganizationから削除したユーザーが作成したissueを検索する方法

1 min read

Organizationからのメンバー削除

GitHubリポジトリでソースコード管理を行なう場合、退職や契約終了によりプロジェクトから離脱したユーザーは、基本的にOrganizationから削除するような運用が行われているかと思います。

Organization からメンバーを削除する - GitHub Docs

在職中にissueの整理やAssignの引き継ぎがすべて完了していれば問題無いのですが、closeし忘れや優先度の低いタスクがそのまま残されていることもあります。

削除ユーザーはAuthorフィルター候補に出ない

通常どおりにリポジトリのissuesページからAuthorフィルターを選択しても、Organizationから削除されたユーザーは候補に表示されません。

地味に困ります。

削除ユーザーが作成したissueを検索する方法

このような場合でも、削除ユーザーのユーザーIDが把握できていれば、フィルターの検索用修飾子でIDを直接指定することでissueの検索が可能です。

is:open is:issue author:{削除ユーザーのID}

URLは以下のようになります。

https://github.com/{organization}/{repository}/issues/created_by/{user_id}

これで該当ユーザーが作成したissueを整理することができます。

Discussion

ログインするとコメントできます