🚀

Flutterによる個人androidアプリ開発にGitHub ActionsでCI/CDを導入した話

2021/01/16に公開約9,500字

TL;DR

GitHub ActionsFlutterを使用して、Google Playへのリリースの自動化をしたため、ご紹介させてください。
現在、CI/CDを導入しているアプリはこちらのクソアプリになります。
なお、本記事上では、使用したツールやactionsについて、用途は書きますがどういうツールかは説明する予定はございません。
なお作成にあたり、以下の記事を参考にさせていただきました。特にテストリポートのところは、qiitaのkasa_leさんの記事を参考にさせていただきました。

https://blog.joshuadeguzman.net/continuous-delivery-for-your-flutter-using-fastlane-github-actions-android

お急ぎの方は以下のyamlファイル.github/workflows下に、test.shリポジトリ直下に、リリースノート系のテキストファイルdistribution/whatsnewに置き、各secretsを登録すれば動作すると思います。

登録するsecrets

  • GH_TOKEN・・・GitHubのトークン。releaseを作成する際に使用
  • KEYSTORE_PASS・・・ビルド時に使用
  • KEYSTORE_KEY_PASS・・・ビルド時に使用
  • PLAYSTORE_ACCOUNT_KEY・・・Google Playにデプロイ時に使用
  • PACKAGE_NAME・・・Google Play上の一意のアプリ名
# .github/workflows/ci.yml
name: Flutter CI

on:
  push:
    branches: [ dev ]

env:
  JAVA_VERSION: 12.x
  FLUTTER_VERSION: 1.22.4
  TEST_OUTPUT_DIR: test-reports

jobs:
  test:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: Set up JDK ${{ env.JAVA_VERSION }}
        uses: actions/setup-java@v1
        with:
          java-version: ${{ env.JAVA_VERSION }}

      - name: Set up flutter ${{ env.FLUTTER_VERSION }}
        uses: subosito/flutter-action@v1
        with:
          flutter-version: ${{ env.FLUTTER_VERSION }}

      - name: Set up test environment
        run: |
          flutter pub get
          flutter pub global activate dart_dot_reporter
          flutter pub global activate junitreport
          pip3 install junit2html

      - name: Analyze
        if: always()
        run: |
          flutter analyze
      
      - name: Test
        if: always()
        run: |
          export PATH="$PATH":"${FLUTTER_HOME}/bin/cache/dart-sdk/bin"
          export PATH="$PATH":"${FLUTTER_HOME}/.pub-cache/bin"
          type flutter
          ./test.sh ${TEST_OUTPUT_DIR}

      - name: Arcive test results
        if: always()
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ${{ env.TEST_OUTPUT_DIR }}
          path: ${{ env.TEST_OUTPUT_DIR }}
# .github/workflows/cd.yml
name: Google Play production release

on:
  push:
    branches: [ main ]
env:
  JAVA_VERSION: 12.x
  FLUTTER_VERSION: 1.22.4
  TEST_OUTPUT_DIR: test-reports
  GITVERSION_VERSION: '5.x'

jobs:
  version:
    name: Create version number
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - name: Allow unsecure commands
      id: ACTIONS_ALLOW_UNSECURE_COMMANDS
      run: echo 'ACTIONS_ALLOW_UNSECURE_COMMANDS=true' >> $GITHUB_ENV

    - uses: actions/checkout@v1

    - name: Fetch all history for all tags and branches
      run: |
        git config remote.origin.url https://x-access-token:${{ secrets.GH_TOKEN }}@github.com/${{ github.repository }}
        git fetch --prune --depth=10000

    - name: Install GitVersion
      uses: gittools/actions/gitversion/setup@v0.9.3
      with:
          versionSpec: ${{ env.GITVERSION_VERSION }}

    - name: Use GitVersion
      id: gitversion
      uses: gittools/actions/gitversion/execute@v0.9.3

    - name: Create version.txt with nuGetVersion
      run: echo ${{ steps.gitversion.outputs.nuGetVersion  }} > version.txt

    - name: Upload version.txt
      uses: actions/upload-artifact@v2
      with:
        name: gitversion
        path: version.txt
  build:
    name: Build APK and Create release
    needs: [ version ]
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v1

    - name: Get version.txt
      uses: actions/download-artifact@v2
      with:
        name: gitversion

    - name: Create new file without newline char from version.txt
      run: tr -d '\n' < version.txt > version1.txt

    - name: Read version
      id: version
      uses: juliangruber/read-file-action@v1
      with:
        path: version1.txt

    - name: Update version in YAML
      run: sed -i 's/99.99.99+99/${{ steps.version.outputs.content }}+${{ github.run_number }}/g' pubspec.yaml

    - name: Update KeyStore password in gradle properties
      run: sed -i 's/#{KEYSTORE_PASS}#/${{ secrets.KEYSTORE_PASS }}/g' android/key.properties

    - name: Update KeyStore key password in gradle properties
      run: sed -i 's/#{KEYSTORE_KEY_PASS}#/${{ secrets.KEYSTORE_KEY_PASS }}/g' android/key.properties

    - uses: actions/setup-java@v1
      with:
        java-version: ${{ env.JAVA_VERSION }}

    - uses: subosito/flutter-action@v1
      with:
        flutter-version: ${{ env.FLUTTER_VERSION }}

    - name: Set up test environment
      run: |
        flutter pub get
        flutter pub global activate dart_dot_reporter
        flutter pub global activate junitreport
        pip3 install junit2html

    - name: Analyze
      if: always()
      run: |
        flutter analyze
    
    - name: Test
      if: always()
      run: |
        export PATH="$PATH":"${FLUTTER_HOME}/bin/cache/dart-sdk/bin"
        export PATH="$PATH":"${FLUTTER_HOME}/.pub-cache/bin"
        type flutter
        ./test.sh ${TEST_OUTPUT_DIR}

    - name: Arcive test results
      if: always()
      uses: actions/upload-artifact@v2
      with:
        name: ${{ env.TEST_OUTPUT_DIR }}
        path: ${{ env.TEST_OUTPUT_DIR }}

    - name: Build aab
      run: flutter build appbundle
  
    - name: Create a Release in GitHub
      uses: ncipollo/release-action@v1
      with:
        artifacts: "build/app/outputs/bundle/release/app-release.aab"
        token: ${{ secrets.GH_TOKEN }}
        tag: ${{ steps.version.outputs.content }}
        commit: ${{ github.sha }}

    - name: Upload app bundle
      uses: actions/upload-artifact@v2
      with:
        name: appbundle
        path: build/app/outputs/bundle/release/app-release.aab

  release:
    name: Release app to google play production track
    needs: [ build ]
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v1

    - name: Get appbundle from artifacts
      uses: actions/download-artifact@v2
      with:
        name: appbundle

    - name: Release app to production track
      uses: r0adkll/upload-google-play@v1
      with:
        serviceAccountJsonPlainText: ${{ secrets.PLAYSTORE_ACCOUNT_KEY }}
        packageName: ${{ secrets.PACKAGE_NAME }}
        releaseFiles: app-release.aab
        track: production
        whatsNewDirectory: distribution/whatsnew
#!/bin/sh
mkdir -p ./test-reports/ 2>/dev/null

flutter test --machine > machine.log
cat machine.log | tojunit --output ./test-reports/TEST-results.xml

flutter pub global run dart_dot_reporter machine.log

python3 -m junit2htmlreport ./test-reports/TEST-results.xml

導入の背景

趣味で書いていたandroidアプリをリリースするのに億劫になっていたところ、
Git Hub Actionsで便利にできそうだと知ったため、導入しました。

実装時の要件

実装時にはざっくりと以下の要件を叶える感じにしたいなと思い、以下を要件としました。

  • devブランチにpushすると自動テスト(analyze + test)が実行される
  • テストの結果は配布可能な状態である
  • mainブランチにマージした際、テストに問題なければ、Google Playにデプロイされる
  • リリースするものは、GitHub上でreleaseが作成される

CDまでに必要な準備

必要なもの

  • Google Playのアカウント
  • GitHubのトークン
  • Google Play Developer APIのアクセスキー

必要なものを取得する方法

Google Playのアカウント

Google Playにリリースするために必要となります。
以下の記事とかがご参考になると思います。

https://qiita.com/QRES/items/e236d63689d003e7af67

GitHubのトークン

CI/CDの中で、必要となります。以下が公式の手順になります。

https://docs.github.com/ja/github/authenticating-to-github/creating-a-personal-access-token

Google Play Developer APIのアクセスキー

CDを実現するために、Google Play Developer APIへのアクセスキーを作成する必要があります。
私はGCPを利用していたため、Google Play Developer UIからGoogle Play用のProjectを作成、そのプロジェクト上でサービスアカウントとキーの発行、ロールの割当を実施しました。
ここでの注意点として、サービスアカウントを作成するだけでは、Google Play Developer UIに表示されません。必ず作成したサービスアカウント をIAMのメンバーに追加してください。

https://developers.google.com/android-publisher/getting_started?hl=ja

使用させていただいたサービス/ツールなど

GitHub Actions

GitHubが提供しているCI/CDツールです。無料ユーザーでも1日約66時間は利用できるため、かなり使いたい放題です。

https://docs.github.com/ja/free-pro-team@latest/actions/learn-github-actions

action系

使わせていただいたアクションの一覧になります。強い感謝の気持ちしかないです。

flutter

Googleが作成したDartのライブラリです。使いやすくて大好きです。

https://github.com/flutter/flutter

dart_dot_reporter

Dart/Flutterに関するテストリポートを作成してくれるDartのライブラリです。テスト結果をいい感じにするために使用しています。

https://github.com/apastuhov/dart_dot_reporter

junitreport

xml 形式のレポートを生成するツールです。テスト結果をいい感じにするために使用しています。

https://github.com/RationaleEmotions/junitreport

junit2html

junit xml ファイルから単一の html ファイルを生成するツールです。
テスト結果をいい感じにしてくれます。Python2系はEOLを2020年に迎えたので、python3を指定する必要があります。

https://github.com/inorton/junit2html

所感

CI/CDを導入してから、デプロイの億劫さもなくなり、だいぶ楽になりました。
正直、業務でも使いたいです。

Discussion

ログインするとコメントできます