🙉

最近よく聞くISR, SPA, CSR, SSR ,SSG等のややこしい用語についてざっくり調べた。

1 min read

SPA(Single Page Application)

フロント側でDOMをこねくり回してページを表示する。Google botの読み取りに難あり。

CSR(Client Server Side Rendering)

クライアント側でページを組み立てると書かれていたが、SPAとの違いは不明。
追記:同じ意味だった。

SSR(Server Side Rendering)

リクエスト時にビルドが走る。
サーバ側でDOMを組み立ててユーザに表示させる。従来のフレームワークを用いたWeb開発はこれに当てはまる。例;Ruby on rails、Django

SSG(Static Site Generation)

元々ビルドしておく。
SSRとそんな変わらないけど、先に静的サイトを用意しておいてそれを返すだけだから、SSRよりもページを早く表示できる。

ISR(Incremental Static Regeneration)

SSGの静的ページを生成する頻度を多くして、ページが頻繁に更新されるサイトにも対応したもの。

SWR

Reactのライブラリの一つ。
クライアント側のデータ取得を、Reactで状態管理しやすいようにしてくれるReact Hooksとそれを内包するライブラリ。

他にもこんな感じの用語があったら教えて下さい。

記事に関するコメント等は

🕊:Twitter
📺:Youtube
📸:Instagram
👨🏻‍💻:Github
😥:Stackoverflow

でも受け付けています。どこかにはいます。

Discussion

ログインするとコメントできます