🤖

Googleの次世代AIがアツい話【PaLM API / MakerSuite / Google Workspace】

2023/04/09に公開

はじめまして、ますみです!

株式会社Galirage(ガリレージ)という「生成AIのシステム開発会社」で、代表をしております^^

自己紹介.png

この記事では、「Googleが発表した3つの次世代AI」について解説します!

この記事を読むことで「Googleの最新の生成系AI」と「その活用方法」を知ることができるでしょう。

https://youtu.be/6nGQe2BD02Y

1. PaLM API

1つ目に、開発者向けの新しいAPIとして「PaLM API」を発表しました。

PaLMとは「Pathways Language Model」の略でGoogleの持つ「大規模な言語モデル」です。

PaLM自体は2022年4月に発表されていましたが、そのモデルを利用できるAPIがついに発表されました。

このPaLM APIを用いることで、ChatGPTのような言語生成推論のアプリケーションを開発できます。

2. MakerSuite

次に、開発者向けのツールとして「MakerSuite」という新ツールを発表しました。

MakerSuiteとは、「データ合成によるデータセット拡張やカスタムモデルのチューニングをサポートするツール」です。

このツールを用いることで、生成系AIの開発ワークフローをかなり簡素化できるでしょう。

3. MakerSuite

最後に、Google Workspaceという一般ユーザー向けのGoogleサービスに次世代の生成系AIが搭載されることが発表されました。

具体的に発表された新機能は次の通りです。

  1. Gmailにおける「返信や要約の自動生成」
  2. Googleドキュメントにおける「下書きやブレインストーミングの自動執筆や文章構成」
  3. Googleスライドにおける「スライドや画像の自動生成」
  4. Googleスプレッドシートにおける「数式・分析結果・インサイトの自動生成」
  5. Google Meetにおける「議事録の自動生成」
  6. Googleチャットにおける「メッセージの自動生成」

これらの機能は、今すぐ使えるわけではなく、順次リリースされるため非常に楽しみですね…!

最後に

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
この記事を通して、少しでもあなたの学びに役立てば幸いです!

おまけ①:生成AIアカデミー

より専門的な「生成AIエンジニア人材」を目指しませんか?

そんな方々に向けて、「生成AIアカデミー(旧:生成AIエンジニア塾)」というプログラムを始めました🎉

最終的なゴールとして、『エンタープライズ向けの生成AIシステムを構築するためのスキルを習得し、大手案件で活躍できる人材』を目標とします。

また、一人一人にしっかりと向き合って、メンタリングをできるようにするため、現在メンバーの人数制限をしております。本気度やスキルレベルの高い人から、順番にご案内しております。

▼ 登録はこちらから ▼
https://bit.ly/generative_ai_engineer_school_by_zenn

おまけ②:AI Newsletter for Biz

最新のAIニュースの情報を収集しませんか?

AI Newsltter for Bizは、ビジネスパーソン向けに「AIニュース」を定期配信する完全無料のニュースレターです📩

一人でも多くの方にとって、「AI人材としてのスキルアップ」につながれば幸いです^^

また、現在、登録者限定で「明日から使える 無料AIサービス3選」のPDFを配布中です 🎁
※ ご登録完了のメールに、PDFリンクを添付いたします。

期間限定のプレゼントとなりますので、ぜひ、お早めにご登録ください!

▼ 登録はこちらから ▼
https://bit.ly/ai_newsletter_for_biz_zenn

参考文献

https://developers-jp.googleblog.com/2023/03/announcing-palm-api-and-makersuite.html

https://www.youtube.com/watch?v=6DaJVZBXETE

https://zenn.dev/umi_mori/articles/microsoft-365-ai-chatgpt

Discussion