Chapter 04

Denoの歩き方

uki00a
uki00a
2021.05.05に更新

この章では、これからDenoを始めたい方向けに、Denoの入門方法などについて解説します。

そのため、すでにDenoについて知識がある方は、この章はスキップしても問題ありません。

インストール

Denoのトップページにインストール方法が記載されていますので、詳しくはそちらを参照ください。

MacやLinuxであれば、以下のスクリプトを実行するとインストールできます。

$ curl -fsSL https://deno.land/x/install/install.sh | sh

Denoの入門

Denoはアップデートが速いので、公式マニュアルを参照するのが確実です。

Getting Startedページの各章を一通り試してみると、Denoの使い方について大まかに把握できると思います。

また、tokiedokie氏による公式マニュアルの日本語訳も存在します。

それ以外の情報源としては、deno-ja逆引きDenoページに、Denoを使ってできることがまとめられています。

また、この本にはチートシートも付属しているため、よろしければそちらも活用ください。

IDE/エディタをセットアップしよう

Denoで開発をする際は、自動補完や定義元へのジャンプなどをサポートするIDEやエディタがあると便利です。

特にこだわりがなければ、Visual StudioCodeとvscode-deno拡張を使用することをおすすめします。

vscode-denoのセットアップ

vscode-denoはDenoのコアチームによって開発・メンテナンスされているVisual Studio Codeの拡張です。

ここでは、vscode-denoのセットアップ方法について解説します。

Visual Studio CodeのExtensionsメニューからdenoland.vscode-denoをインストールしてください。

vscode-denoのインストール

vscode-denoのインストール後、コマンドパレットを開き、Deno: Initialize Workspace Configurationコマンドを実行してください。(コマンドパレットはCtrl+Shift+Pで開けるはずです)

vscode-denoの有効化

そうすると、いくつか質問が聞かれます。基本的にはすべて「Yes」と回答して問題ないです。

回答が終了すると、.vscodeディレクトリにsettings.jsonが作成されます。

このファイルが作成されていれば、セットアップは無事に完了です。

もし、自動補完や定義元へのジャンプなどが動作しないときは、Deno: Initialize Workspace Configurationが実行されているか確認してみてください。

その他のエディタについて

Visual Studio Codeに限らず、LSPをサポートするエディタであれば、自動補完や定義元へのジャンプなどを活用することができます。

Vim/Neovim

VimまたはNeovimをお使いの方は、以下のいずれかの組み合わせをおすすめします。

Emacs

Emacsに関しては、lsp-modeのドキュメントにセットアップ方法が記載されています。

詳しくはこちらのページを参照ください。

TypeScriptを学ぼう

DenoはTypeScriptだけでなく、通常のJavaScriptもサポートしています。

しかし、TypeScriptを利用することで以下のようなメリットが得られます。

  • IDEやエディタなどの支援による生産性の向上
  • 静的型付けによるメンテナンス性の向上

そのため、Denoを効果的に使うには、TypeScriptに習熟しておくとよいでしょう。

どうやってTypeScriptを学べばいいの?

教材としては、以下のあたりをおすすめします。

また、Denoはセットアップが比較的簡単なので、DenoでコマンドラインアプリやWebアプリなどを作ることで、TypeScriptに入門してみるのもよいかもしれません。

Denoの最新情報

最新情報

各リリースに関する最新情報については、公式のブログポストを閲覧するとよいです。

最新の開発状況を知りたい場合は、denodeno_std、及びdeno_lintなどのリポジトリをウォッチするとよいと思います。

また、Denoの公式DiscordサーバのDEV関連のチャネルでも、日々活発に議論が行われています。

日本語の情報源

おそらく、日本語の情報源としてはdeno-jaのSlackが最も活発だと思われます。

また、手前味噌ではありますが、Deno Weeklyというサイトで毎週日曜日に前週におけるDenoの最新情報を発信していますので、興味がありましたら参照ください。