フロントエンドのポエム3

commits1 min read読了の目安(約500字

にはつとりをしへどとばずあぢはひぞひとのもとむるくがのはやぶさ

現代語訳

は、飛び方を教えても飛ぶことはない。人が(鶏に対して)求めるのは(鶏肉の)である。(鶏に飛び方を教えようとしていた)隼も(今では)に降りてしまった。

解説

この歌の解釈には諸説あるが、現在もっとも有力なのは登場する鳥たちはフロントエンドエンジニアを表すという説である。速く飛ぶことができる隼は、パフォーマンスに象徴される非機能要件に長けたエンジニアを表す。隼と対比されている飛べない鶏は機能要件に特化したエンジニアを表しており、その能力(=鶏肉の味)は人々から求められており需要が大きい。隼が陸に降りたという表現は、仲間を増やそうとしてもうまくいかず求められてもいない非機能要件エンジニアの諦念を表している。