🌊

SaaS on AWSのGlobalization対応てみんなどうしてるんやろ

2022/01/24に公開約3,500字

概要

ふとSaaSを海外に展開するときAWS環境どうするやろと思った
ので。。。実装はしてないけど色んなサイト探検したことをメモっとく

フロントエンドの多言語対応やDBの時刻をUTCで保存するなど
ふわっと海外イメージしてたけど
インフラレベルまでしっかり考えたことなかったので改めて・・・

そもそも

こんな感じでとりあえず東京リージョンで作って
そのまま海外からも使ってもらうと以下2点あたりが突っ込まれそう

  1. 地理的に遠いリージョンのLatencyが高くなる問題
  2. データをそもそも国外に置かないで問題

↓イメージ的にはこんな感じ
cross_region_problem

AWS のMulti-region構成

AWS Multi-regionとかで調べると
DR(Disaster Recovery)の文脈だけど記事がたくさん出てきた

この辺の記事見てると
以下パターンが考えられるみたい

  1. Read local, write global
    1. 読み込みは近いリージョン・書き込みは特定のリージョン
    2. cross_region_problem
  2. Read local, write partitioned
    1. 読み込みは近いリージョン・書き込みは初回書き込んだリージョンに書く
    2. それをホームリージョンとして、ユーザーが旅行して別のリージョンいっちゃってもホームに書き込む
    3. こうすれば前パターンのように常に特定リージョンに大量書き込みリクエストが来てパンクするみたいな事象も避けられる
    4. でもこれそれぞれがそれぞれのリージョンに書き込んで、他のリージョンに全部Replicationするの・・?
      1. Globalな情報取るときは各リージョンのDB情報全部取らなきゃいけないってこと・・・?
    5. cross_region_problem
  3. Read local, write local
    1. 読み込み・書き込み共に近いリージョンでやっちゃう
      1. 具体的にはDynamoDBとかAurora(MySQL)の機能を使ってlocalでの書き込みをGlobalに伝搬させるみたい
    2. cross_region_problem

DynamoDB使うならRead local, write localが良さそう
Aurora(MySQL)のGlobal DB機能使えば同じくいけそうだが
transactionはったらlatencyとかどうなるの?とか御しきれる自信がない

Read local, write partitionedを採用したら各リージョンに書き込まれたデータを
他の全リージョンにReplicationして制御したりとめちゃ大変そうなんで
大人しくRead local, write globalして他リージョンにReplicationしてRead localしてもらうのが良いかな

...というか冷静に考えると
これでLatency対策は考慮できるが
自国にデータは置いてほしいというCompliance問題の対策にはならない...

グローバルで共通に使うデータ関連はこの辺に照らし合わせて検討すりゃ良さそう

SaaSのMulti-region展開

ちょっと方向性変えてSaaS Multi-regionとかで調べると
この辺の記事が出てきた

この辺の画像が参考になるかな・・・
cross_region_problem

  1. Landing pageで各テナント毎にどの辺(リージョン)か選択させて
  2. それ以降はテナント毎に対象選択リージョンにRoutingする

てな流れが書いてある
個人的には辿り着きたいページに行くまでに1個ページ挟まるだけで邪魔くさく感じちゃいますが
とにかく大事なのはテナントにどのリージョン(どの辺の人)かを選択させて
対象リージョンにRouting, そんでデータ保存含めてやっちゃう

懸念としては

  1. ユーザーがリージョン変えたいときにデータのmigration必要あり
  2. データの分析のためには全リージョンデータ収集用のリージョンが必要
    1. 全データ一つのリージョンに集約して良いのか問題は別でありますが...

ザクっとこんな感じ?

この二つ調べた結果こんな感じかな・・・

基本的なRead/Write

基本最寄り(自身の選択した)リージョンでRead/Writeさせる
これで最初記載した以下懸念の対策になる

  1. 地理的なLatency問題
  2. 自国(選択したリージョン)にデータを置きたい

cross_region_read_write

Global共通利用するデータのRead/Write

Read local, write globalパターン
Dynamo DBのGlobal Tableのように各リージョンに書いたものが
Globalに展開されるものは最寄りリージョンで書けばいいが
他は単一リージョンに書いて他リージョンはReplicationさせとくのがシンプルかな・・・
(リージョン跨いだ書き込み通信によるLatency問題は目をつぶる)
(本当に共通で利用したいならDynamoDB検討)

cross_region_read_write_main

まとめ

まずは日本でちゃんとしたサービス作ってから調べろや感あるけど
ちょっと会話に出てきてあまりちゃんと調べたことなかったので興味本位で調べてみた

色々調べたけど完全なる正解は多分ない
なるべく複雑にならないように、そもそもの仕様を整理することが何より大事だと思った
RDSでRead local, write localみたいな構成も本当に必要かい?的な議論は十分にしたほうが良さそう

いつか海外展開のプロジェクトに携われたら
もっと調べて手を動かして検証していきたい

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます