📖

WSL2で rails test:system を動かす為の設定

2021/06/28に公開

自ブログから転載 https://u1tnk.github.io/blog/2021/06/28/wsl2_rails_test_system_config/

chromeインストールなど若干環境構築難易度が高いのでまとめた。

前提

Railsはインストールして systemテスト以外は動いている前提。

イメージ

ubuntu18.04。 20.04だと 2021/1/4当時動かないspecが存在したので18.04を利用。

ライブラリ

sudo apt update
 sudo apt install curl build-essential unzip wget

chromeのインストール

wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_amd64.deb
sudo apt install ./google-chrome-stable_current_amd64.deb -y

chromedriverのインストール

export LATEST_VERSION=`curl https://chromedriver.storage.googleapis.com/LATEST_RELEASE`
wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/$LATEST_VERSION/chromedriver_linux64.zip
unzip chromedriver_linux64.zip
sudo mv chromedriver /usr/local/bin/

systemテストの設定

System specを動かすのにはまった - Qiita から引用。
headlessで動作するよう設定する。
画面を表示したい場合はwindows側に X serverインストール、転送の設定などが必要になる。

rails_helper.rb (rails関係のtestをするファイルからrequireしておく)

Capybara.default_driver = :selenium_chrome_headless
Capybara.register_driver :selenium_chrome_headless do |app|
  options = Selenium::WebDriver::Chrome::Options.new
  options.add_argument('--headless')
  options.add_argument('--no-sandbox')
  options.add_argument('--disable-gpu')
  options.add_argument('--window-size=1280,1024')

  Capybara::Selenium::Driver.new(app, browser: :chrome, options: options)
end

spec_helper.rb

  config.before(:each, type: :system) do
    driven_by :selenium_chrome_headless
  end

Discussion

ログインするとコメントできます