🔓

ColabでprivateなGithubリポジトリからpip installする

1 min read

社内ライブラリなどをprivateに共有するときは、自前のPyPIサーバーを建てたりするよりもgithubのprivate repogitryに置くと楽にpip installできる。

認証なしのpublicリポジトリからインストールするには↓のようにする

pip install git+https://github.com/{user}/{repo}

これを認証付きでやるには、Gitのアクセストークンを用いて

pip install git+https://{git_token}@github.com/{user}/{repo}

Colab上にアクセストークンを間違っても保存したくないので、getpassを使うと便利

from getpass import getpass
repo = "hoge"
user = "fuga"
git_token = getpass('Enter the Github access token')
!pip install git+https://{git_token}@github.com/{user}/{repo}
del git_token

社内ライブラリとかをサクッと作るにはpoetryが便利

以上、メモ書き

Discussion

ログインするとコメントできます