github複数アカウントの運用メモ

1 min read読了の目安(約1000字

github用の複数アカウント運用方法は一度設定してしまうと完全に忘れるんですが、
環境立ち上げ時に毎回のろのろ調べて設定し直すのが辛いです。
今回は忘れずにメモしておきます😤

参考

  • かなり詳しく説明している参考記事はこちら。

    • かなりキツめの設定方法。いくつか無視しました。
      • メイン垢が絶対に動かないようにする、程でもない
      • オプショナル項目は複雑度増すのでやらない
  • 比較的最近の参考記事はこちら

    • 最後アカウント切り替え部分で躓いてたみたいですが、丁寧です

基本的な考え方

  • ssh configファイルを作れば複数のSSHキーが管理できる
    • 通常使う用のSSHキー(id_rsaとかid_rsa_mainとかにする)
      • HOST名をgithubにする
      • id_rsa.pubをメインのgithubアカウントに登録する
    • 個人用のSSHキー(id_rsa_subとか)
      • HOST名をgithub-subにする
      • id_rsa_subを個人のgithubアカウントに登録する
    • 作ったconfigファイルがssh -T <HOST名>でログインできるかで確認する
  • 個人開発プロジェクトだけに個人用アカウントを使いたい運用
    • プロジェクトのリポジトリ設定に個人用アカウントを登録して利用する
    • この記事が参考

検討事項