📲

【iOS】コマンドラインからバイナリをインストールする。ReactNativeの再ビルド(が不要なとき)はすっ飛ばそう

1 min read

Conclusion

# インストール
xcrun simctl install your-device-udid your-binary-path
# 起動
xcrun simctl launch your-device-udid your-app-bundleid

※ こちらのコマンド自体は ReactNative とは関係ありません。

Why?

ReactNative の開発で iOS 端末やシミュレータを使っていると、ときどき困ることがあります。

react-native run-iosでアプリを実行してしばらくは調子良く動いているのに、ふとした拍子にリロード(Cmd+R)やシェイク(Cmd+Ctrl+Z)が効かなくなって再度run-iosを実行するハメになり、無駄に長いビルド待ちが発生してしまう……。

再ビルドの必要がないときはバイナリだけ再インストールしちゃいましょう!

How?

react-native run-iosが呼びだしているインストールと起動のコマンドを直接呼んじゃいます。

https://github.com/react-native-community/cli/blob/56a74c0d0b0cbd50816c0f4027e59c47e5181be0/packages/platform-ios/src/commands/runIOS/index.ts#L207
runIOS/index.ts
logger.info(`Installing "${chalk.bold(appPath)}"`);

child_process.spawnSync(
  'xcrun',
  ['simctl', 'install', selectedSimulator.udid, appPath],
  {stdio: 'inherit'},
);

...

logger.info(`Launching "${chalk.bold(bundleID)}"`);

const result = child_process.spawnSync('xcrun', [
  'simctl',
  'launch',
  selectedSimulator.udid,
  bundleID,
]);

この部分を読むと、インストールには端末の UDID とバイナリのパス、起動には端末の UDID とアプリの BundleID が必要なことがわかります。

バイナリのパスを知る

react-native run-iosを実行した場合には最後の方にパスが出力されています。

info Installing build/YourProjectName/Build/Products/Debug-iphonesimulator/YourAppName.app

端末の UDID を知る

下記のコマンドで端末とその UDID の一覧が表示されます

xcrun xctrace list devices

インストールとアプリ起動

プロジェクトのルートから実行する場合は先程のバイナリのパスにiosをつけて……

# インストール
xcrun simctl install your-device-udid ios/build/YourProjectName/Build/Products/Debug-iphonesimulator/YourAppName.app
# 起動
xcrun simctl launch your-device-udid your-app-bundleid

環境

  • Xcode 12.4

Discussion

ログインするとコメントできます