CSM(ScrumAlliance)ライセンスのアップデート作業

1 min read読了の目安(約1500字

前書き

Odd-eのCSMの研修に参加したのが、2019/3/13から3/15の3日間。そして研修の最後にトレーナーがCSMの受験資格の判定の為に最大1ヶ月かかると話していた。自分のCertifiedのDateは2019/3/24となっていた。これは受験資格を与えた日であって受験合格ではない。私が試験を受けたのはしばらく放置したのちの2019/4/25であった。

そして本日は2021/2/28。画面の上部に

Certification Renewal - Expires in 24 days

と表示されていた。有効期限は受験資格認証から2年間である。

STEP1

ログインして状態を確認する。

右側の項目を見るとSCRUM EDUCATION UNITSなるものがある。大学の単位のようなものだ。研修中に更新に20単位が必要、みたいな話を聞いた覚えがある。

既に100%となっていて24単位所持ということになっている!
これには拍子抜けした。
自分の心構えとしてはもう一度CSMの研修に参加するようなことになると考えていた。というのも更新者は安く研修に参加できるよーということをトレーナーが話していたからである。
さて、この24単位の内訳はどうなっているのかというと、

2019/3/13から3/15の3日間 \times 8時間 = 24units

ということである。

STEP2

「Manage SEUs」を押すと、

という画面。親切に
「十分なポイントがあるから更新できるよ!」と教えてくれている。

$100が必要となる。

この先はクレジットカード番号の入力ページとなる。

STEP3

無事に更新されて2023/3/24まで有効期限が延びた。

SCRUM EDUCATION UNITSは残りの4unitsも消えて0%となっていた。

終わりに

ここからの2年は自力でSEU単位を稼がないといけないようだ。またSEUsを追加する時に記事でも書こう。