📂

GitHubでリポジトリを作成し、ローカルのGitリポジトリに追加する

2024/06/22に公開

目的

GitHubでリポジトリを作成し、ローカルのGitリポジトリに追加しました。その流れを記載します。

内容

目次参照

GitHub側の画面でリポジトリを作成

・自身のGitHubへ移動しRepositoriesを選択する。⇨Newを選択する。
Image from Gyazo

Repository nameを入力する。
Public(公開)Private(非公開)の何方かを選択する。
Create repositoryでリポジトリが作成される。
Image from Gyazo

作成したリポジトリをローカルのGitリポジトリへ追加

リモートリポジトリの追加⇨ブランチの作成⇨Push
$ git remote add origin [作成されたリモートリポジトリのURL]
  git branch -M main
  git push -u origin main

git remote add origin [作成されたリモートリポジトリのURL]
ローカルのGitリポジトリがリモートリポジトリ(GitHub)と関連付けられます。

git branch -M main
ローカルのブランチ名を変更する。-Mオプションはブランチ名を強制的に変更し作成する。

git push -u origin main
ローカルのmainブランチをリモートリポジトリにプッシュする。

以降GitHubに反映させる場合

・以降は以下のコマンドでGitHubのリポジトリへ反映される。

$ git add .
  git commit -m 'コミットメッセージ'
  git push origin main

git add .
全ての変更をステージングする

git commit -m 'コミットメッセージ'
コミットメッセージで変更内容を説明

git push origin main
ローカルリポジトリの mainブランチ にあるコミットをリモートリポジトリに送信する

GitHubで編集を提案

Discussion