Open8

スプリントゴールが必要な6つの理由 (Six Reasons Why You Need to Pay More Attention to the Sprint Goal)

スプリントゴールが必要な6つの理由

https://dzone.com/articles/six-reasons-why-you-need-to-pay-more-attention-to

時には、スプリントゴールの重要性が迷子になってしまうこともあります。しかし、あるスクラムマスターは、なぜそれが重要なのかを思い出させてくれます。

スプリントゴールはスクラムの重要な部分です。それは開発チームを束ね、スプリント中に開発チームを前進させるための燃える松明のようなものです。しかし、スプリントゴールについてはあまり語られることがないので、この記事では、奥深い重要性についてお話ししたいと思います。

まず、スクラムガイド、スプリントゴールの記述を見てみましょう。

スプリントゴールは、プロダクトバックログの実装によって達成できるスプリントのゴール設定です。開発チームがなぜインクリメントを構築するのかについてのガイダンスを提供します。

スプリントプランニングで作成されます。スプリントゴールは、スプリント内に実装される機能に関して開発チームに柔軟性を与えます。選択された製品バックログ項目は、1 つの首尾一貫した機能を提供し、これがスプリントゴールとなります。スプリントゴールは、開発チームが別々のイニシアチブではなく、一緒に作業することを引き起こす様になる、一貫性のあるものにすることができます。(Scrum Guide, 2016)。

スプリントゴールが柔軟性と一貫性の両方を与えていることがわかります。重要なコメントを付け加えながら、これらの考え方を説明してみます。

チームに柔軟性を与えます。

革新的な製品を開発するとき、物事が計画通りに進まないことがよくあります。

チームが自分たちのスプリントゴールを知っていれば、計画より機能が少なくても、ゴールを再設定して達成することができます。

例えば、計画されたスプリントゴールが次のようなものだったとします。

  • ユーザー登録のための機能を実装する。

スプリントの最後に、チームはパスワードの復元機能を実装する時間がないことに気づきます。しかし、エンドユーザーがサインアップしてプロフィールを作成することができるので、ゴールは達成できます。ただ、しばらくの間はパスワードを記憶しなければならないということです。

タスクに意味を与え、チームのモチベーションを高めます。

人は、何のために仕事をしているのか、共通の原因にどのように貢献しているのかを理解していると、より熱心になり、仕事を楽しむ傾向があります。例えば、スプリントゴールは次のような言葉で表現することができます。

  • 新規顧客を獲得し、会社の収益を増やすためのパートナーシッププログラム(トレーダー)を立ち上げる。

チームを団結させます。

白鳥、カマス、ザリガニのロシアの寓話がある。何らかの不明瞭な理由で、このありそうでない3人組は、荷車を引く必要がありました。彼らが成功しなかったのも不思議ではありません。"パートナーが同意できないときは、彼らの取引は無駄に来る "と著者は結論づけています。それは物事を行うための方法ではありません。スプリントゴールは、チームワークのための基礎を築くものであり、なぜチームメンバーが別々のイニシアチブを追求するのではなく、一つのものとして一緒に働く必要があるのかを説明しています。上記の2つの例は、チームをまとめる明確な焦点を示しています。

リスク管理に役立ちます。

各スプリントは、予算と日付が決まっているプロジェクトと考えることができます。スプリントゴールは、スクラムチームが現在のスプリント中に軽減するリスクを示しています。リスクは、機能性、技術、人的要因、外部環境などに関連している可能性があります。

スクラムチームが大きな技術的リスクを見て、次のようなスプリントゴールを掲げている状況を想像してみてください。

  • 技術Xと技術Yをテストし、その結果に基づいて最終決定を行う。

スプリント中に、開発チームは、より悪い決定のリスクを下げるために、2つのプロトタイプを実装することがあります。

集中力を高め、意思決定をサポートします。

スプリントゴールは、本質を強調し、スプリント中に無関係なものはすべて無視するのに役立ちます。

新しいタスクが現れたら、それが現在のスプリントゴールに関連しているかどうかを自問する。そうであれば、スクラムチームはそれをスプリントのバックログに含めることを検討することができます。

もしそうでなければ、それを先延ばしにする確かな理由があります。

スプリント3日目のデイリースクラムで、ある開発者が、チームがここ数週間で再現できなかったバグを修正する方法を見つけたと言ったとします。

どうやら、これは3時間もかからないはずです。しかし、チームは彼に、このバグは目下のタスクよりも優先度が低いことを思い出させます。さらに、それは現在のスプリントゴールとは関係ないので、プロダクトオーナーがプロダクトバックログの一番上に置いておけば、次のスプリントで修正されるだろう。

ステークホルダーの期待を管理するのに役立ちます。

ステークホルダーは、スクラムチームがスプリント中に取り組んでいる計画のすべての詳細を知る必要はありません。多くの場合、スプリントゴールは彼らの好奇心を満足させるのに十分なものです。
例えば、チームが新しいトレーダーのパートナーシッププログラムを実装し、次のスプリントゴールにはこう書かれているとしましょう。

  • パートナーは、選択された収益モデルに応じて報酬を得る必要があります。

スクラムチームが次のスプリントで何に取り組むのか、 ステークホルダーは理解してくれるだろうか?きっと理解してくれると思います。

この6つの理由だけで、スプリントゴールがスクラムの非常に重要な部分であることを納得していただければと思います。

ログインするとコメントできます