Windows 10 WSLのイメージ保管先変更

2 min read読了の目安(約1900字

デフォルトの状態でDockerはCドライブの以下に保存される。
%LOCALAPPDATA%\Docker\wsl\data\
これをCドライブからDドライブにイメージ保管先を変更する方法を記載する。

  1. wslを停止
    wsl --shutdown
C:\Users\Dream>wsl --shutdown
  1. 停止していることを確認
    wsl -l -v
C:\Users\Dream> wsl -l -v
  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu                 Stopped         2
  docker-desktop-data    Stopped         2
  docker-desktop         Stopped         2
  1. イメージ保管先のフォルダを作成する。
    今回はDドライブに「Docker」フォルダを作成しています。
    mkdir d:Docker
C:\Users\Dream> mkdir d:Docker
  1. エクスポート先を指定して「docker-desktop-data」のエクスポート実施
    4,5分ぐらいかかる。
    wsl --export docker-desktop-data D:\Docker\docker-desktop-data.tar
C:\Users\Dream>wsl --export docker-desktop-data  D:\Docker\docker-desktop-data.tar
  1. エクスポートした「docker-desktop-data」の登録を解除。
    ※これを実行するとext4.vhdxが消えるので、対象をよく確認しよう。
    wsl --unregister docker-desktop-data
C:\Users\Dream>wsl --unregister docker-desktop-data
登録を解除しています...
  1. 消えたことを確認
    wsl -l -v
C:\Users\Dream> wsl -l -v
  NAME              STATE           VERSION
* Ubuntu            Stopped         2
  docker-desktop    Stopped         2
  1. インポート実施。
    私はインストール先を作成したフォルダ内にしたかったので以下で記述。
    以下コマンドで同時にlistにも登録もされる。

wsl –import <ディストリビューション> <インストール場所> <ファイル名> [オプション]

wsl --import docker-desktop-data D:\Docker D:\Docker\docker-desktop-data.tar

C:\Users\Dream> wsl --import docker-desktop-data D:\Docker D:\Docker\docker-desktop-data.tar
  1. リストに登録されてるか確認
    wsl -l -v
C:\Users\Dream> wsl -l -v
  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu                 Stopped         2
  docker-desktop-data    Stopped         2
  docker-desktop         Stopped         2
  1. 補足
    問題なければ、D:\Docker\docker-desktop-data.tar の圧縮ファイルは外部ストレージにバックアップとして残すか、消すといい。
    rd /s /q d:Docker\docker-desktop-data.tar
C:\Users\Dream>rd /s /q d:Docker\docker-desktop-data.tar

最後にDockerを起動して、問題なく稼働するか確認する。