🦁

Github連携のテンプレート

2023/08/14に公開

有名なコードの進捗管理ツールとしてgithubが挙げられる。この記事ではローカルレポジトリとリモートレポジトリの連携方法について書いていきたい。特にこの記事で扱うものとして

  1. 先にリモートレポジトリを作ってからローカルレポジトリと連携する方法
  2. 先にローカルレポジトリを作ってからリモートレポジトリと連携する方法

の2つである。

先にリモートレポジトリを作ってからローカルレポジトリと連携する方法

リモートリポジトリの作成

リモートレポジトリを作成する。ここで重要なのは特に決定する必要があるのは"Repository name"と公開の設定のみであることである。この時点でREADME fileを作成する必要はない。
以上の操作で、何も入っていないリモートレポジトリが完成する。

ローカルレポジトリの作成と連携

ローカルレポジトリを作成する。リモートレポジトリを以上の手順で作成していると"Code"のところに"…or create a new repository on the command line"という欄が出るので、これらのコマンドを実行する。

先にローカルレポジトリを作ってからリモートレポジトリと連携する方法

ローカルリポジトリの作成

ローカルレポジトリを作成する。ここではどのようなファイルが入っていても問題ない。ただしgit管理するようにしないといけない。つまり、ローカルリポジトリとなるディレクトリを作成したとき、ディレクトリ内で

$ git init

を実行しなければならない。その後、ファイルに追加したファイルをcommitする。それ以外については何もしなくて良い。

リモートレポジトリの作成と連携

リモートレポジトリを作成する。ここでも「先にリモートレポジトリを作ってからローカルレポジトリと連携する方法」と同様に"Repository name"と公開の設定のみを決定した、何もファイルが追加されていないリモートレポジトリを作成することである。すると同様に"Code"のところに"…or push an existing repository from the command line"という欄が出るので、これらのコマンドを実行する。ただし、ローカルリポジトリを作成した時にcommitするファイルがなかった場合、最後のコマンドは意味をなさないので実行する必要はない。

Discussion