🐷

Redis インストール

2022/10/14に公開約2,000字

Redisインストール

概要

Redis(4.0.9)導入手順。

インストール

必要なソフトをインストール

yum install wget gcc tcl -y    

ダウンロード/インストール

https://redis.io/download

cd /opt
mkdir redis
wget http://download.redis.io/releases/redis-4.0.9.tar.gz
tar xzf redis-4.0.9.tar.gz -C redis
mv redis/redis-4.0.9 redis/v4.0.9
ln -s /opt/redis/v4.0.9 /opt/redis/current
cd /opt/redis/current
make
make install

ユーザー/グループ作成

groupadd redis
useradd -s /sbin/nologin -M -g redis redis

設定

スクリプトを設定

rm -f /usr/local/bin/redis-server
rm -f /usr/local/bin/redis-cli
ln -s /opt/redis/current/src/redis-server /usr/local/bin/redis-server
ln -s /opt/redis/current/src/redis-cli /usr/local/bin/redis-cli

ワークディレクトリの作成

mkdir /etc/redis /var/run/redis /var/log/redis
chmod 755 /etc/redis /var/run/redis /var/log/redis
chown redis:redis /etc/redis /var/run/redis /var/log/redis
  • /etc/redis:設定ファイルの格納先

  • /var/run/redis:データファイルや起動プロセスIDファイルの格納先

  • /var/log/redis:ログ出力先

設定ファイルをコピー

cp -p /opt/redis/current/redis.conf /etc/redis/6379.conf

設定ファイルを編集

vi /etc/redis/6379.conf

編集内容

daemonize yes
loglevel notice //本番環境等で利用される場合はnoticeが良いかと
logfile "/var/log/redis/6379.log"
pidfile redis_6379.pid
dir /var/run/redis

自動起動スクリプトを設定

cp -p /opt/redis/current/utils/redis_init_script /etc/init.d/redis
vi /etc/init.d/redis

編集内容

# chkconfig: 345 70 15
#CLIEXEC="/usr/local/bin/redis-cli -a hoge" ※接続にパスワード設定したい場合
PIDFILE=/var/run/redis/redis_${REDISPORT}.pid

確認

chkconfig redis on

/var/run/redisを設定

vi /usr/lib/tmpfiles.d/redis.conf

編集内容

d /var/run/redis 0755 root root -

起動

/etc/init.d/redis start

確認

redis-cli
127.0.0.1:6379>ping

Cluster 構築

Clusterを構築する場合

6プロセス必要。

redis-cli --cluster create 192.168.10.11:6379 192.168.10.12:6379 192.168.10.13:6379 192.168.10.14:6379 192.168.10.15:6379 192.168.10.16:6379 --cluster-replicas 1

Discussion

ログインするとコメントできます