🤖

プログラミング実務未経験者がBubble公式のBootcampに参加してみた!Part 1

1 min read

目次

  • 参加したBootcampの概要
  • このコースでできるようになること
  • 先生や他の受講者はどんな人?
  • Mariel先生についてもう少し詳しく
  • レッスン1の内容
  • このコースに期待していること。
  • 最後に

参加したBootcampの概要

  • コース名:Build and Launch No-Code Bootcamp
  • 値段:600アメリカドル(通常は800ドルだが、早起きして参加なら-200ドルの模様)
  • 学習期間:8週間
  • 時間割:毎週木曜日の日本時間7:00amから9:00am(土日のコースもある)
  • 参加人数:最大で8名(私の場合は5名でした。)
  • 言語:現在は英語でのみ受講可能です。
  • その他:毎週宿題があり、8週間は先生に質問し放題です。

このコースでできるようになること

  • コース名の通り、プログラミング未経験が二週間後にはオリジナルサービスを完成させ、リリースできる模様。(Part 8まで読んでいただければその真相が明らかになります!)

先生や他の受講者はどんな人?

  • 先生:現在だとイギリス、アメリカ、シンガーポールの先生から好きな人を選べます。(私の場合はアメリカ人のMariel Vargas先生でした。)
  • 受講者:今回は私とブラジル人の方の二人以外の受講者は皆さん英語のネイティブスピーカーの方々でした。(カナダ、スコットランド、アメリカ)

Mariel先生についてもう少し詳しく

  • PMとして、10億ドル以上のプロジェクトを40人以上のエンジニアと成功へ導かれたそうです。
  • 2年ほど前から、企業し、Bubbleで受託開発を開始。
  • これまでに、300人以上のプログラミング、またはBubble未経験者を指導。オリジナルサービスをリリースするところまで支援。

レッスン1の内容

  • 受講者全員が開発したいサービスを発表。
  • Bubbleでできることの紹介。
  • No code開発において、Mariel先生一押しの便利ツールの紹介。
  • Sign upページを実装。(カリキュラムでInstagramの簡易版を作成予定。)

このコースに期待していること。

  • 実務未経験ですが、0からアプリを開発し、実際にリリースする。
  • リリースしたアプリから1円でもいいので収益を上げる。
  • 上記の経験により、アプリ開発において、明確な全体像を把握し、学習の効率を大幅に上昇させる。
    あわよくば、No codeの受託開発やオリジナルサービスで副業。

最後に

  • 来週のPart 2ではデータベースの設計を学びます。

Discussion

ログインするとコメントできます