💸

【学生向け】Herokuをタダで使う

2022/11/28に公開約1,900字

1. 概要

こちらの記事の焼き直しです。
Pythonで作ったWebアプリをHeroku上でデプロイしていましたが、2022/11で無料プランが終了することとなりました。そこで、Renderに移行しようと思いましたが、無料プランでは上手く動いてくれませんでした。
色々探していたところ、学生向けに1年間有料プランをタダで使わせてくれる制度があることを発見しましたのでそちらを活用していきます。

Herokuは学生向けに$156奢ってくれるみたいです。

If you are registered with the GitHub Student Developer Pack, you are eligible to receive platform credits worth $13 USD per month for 12 months (for a total value of $156 USD).
出典:https://www.heroku.com/github-students

GitHub Student Developer Packから学生認証することで、毎月$13使えるクレジットを1年間(=合計$156)使わせてくれるとのことです。
余った分の繰り越しできないようです。

2. 申請手順

Heroku for GitHub Studentsから申請します。

スクリーンショット 2022-11-04 13.19.04.png

(まだやっていなかれば)GitHub Student Developer Packで学生認証をします。
それが済んだらGitHub経由でHeroku側にも学生であることを確認してもらいます。

スクリーンショット 2022-11-04 13.19.12.png

スクリーンショット 2022-11-04 13.19.34.png

名前と学校名を入力し、規約に同意すれば完了です。

スクリーンショット 2022-11-04 13.20.40.png

入金が完了するとBillingタブから確認できます。

3. まとめ

回り道してしまいましたが、1年間は安心です。
学生向けのGitHub Student Developer Packには今回のHerokuだけでなく、使いこなせないほどたくさんのサービスが載っています。

https://education.github.com/pack

Herokuにデプロイしたアプリはこちら↓

https://lifac.herokuapp.com/

制作過程↓

https://zenn.dev/tokoroteen/articles/0d1599540dce00

Discussion

ログインするとコメントできます