Arch Linux インストール後の諸設定集

公開:2020/10/26
更新:2020/12/17
3 min読了の目安(約2800字TECH技術記事

自分用のメモとして, Arch Linux をインストールしたときに自分が普段使っている環境を作るための方法を書いておきます.

zsh のインストールと設定

$ sudo pacman -S zsh
$ chsh -s $(which zsh)
~/.zshrc
PS1='%B%F{red}%(?^^%? )%f%b%n@%M:%~ %# '
bindkey -v
alias ls='ls --color=auto'

確認

$ echo $SHELL

timedatectl の有効化

$ timedatectl set-ntp true

確認

$ timedatectl status

git のインストールと設定

$ sudo pacman -S git
$ git config --global user.name  (名前)
$ git config --global user.email (メールアドレス)

確認

$ git --version

yay のインストール

上の git を使います.

$ git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
$ cd yay
$ makepkg -si

確認

$ yay --version

man のインストール

ArchWiki には「base メタパッケージの依存関係としてインストールされています」なんて書いてありますが,消えました.

$ yay -S man-db man-pages

確認

$ man man

X のインストール

startx を使って X を起動する人向けです.

$ yay -S xorg-server xorg-apps xorg-xinit
$ yay -S i3 rofi terminator
$ yay -S noto-fonts noto-fonts-cjk terminus-font-ttf ttf-liberation
$ cp /etc/X11/xinit/xinitrc .xinitrc

~/.xinitrc を編集して最後を次のように書き換えます:

~/.xinitrc
...
case $2 in 
	"" | "i3" ) exec i3 ;;
	"exec" ) exec $3 ;;
	* ) ;;
esac

$ startx i3 と打つか単に $ startx と打ったときは i3 が起動しますが, $ start exec <command> と打つと i3 の代わりにコマンドが実行されます.

X の設定

注意:Programmer Dvorak なのでこうしています.それ以外であれば XKbLayout と XKbVariant を変える必要があります.

/etc/X11/xorg.conf.d/00-keyboard.conf
Section "InputClass"
	Identifier "system-keyboard"
	MatchIsKeyboard "on"
	Option "XKbLayout" "us"
	Option "XKbVariant" "dvp"
EndSection

DPMS によってスクリーンセーバが起動するのを防ぎます.

/etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf
Section "ServerLayout"
	Identifier "ServerLayout0"
	Option "StandbyTime" "0"
	Option "SuspendTime" "0"
	Option "OffTime" "0"
	Option "BlankTime" "0"
EndSection

.xinitrcexec より前のどこかに次を追記します:

~/.xinitrc
xset s off

i3 の設定

注意:これはあくまで私が使っている config です. i3 の config は自動で作られるものを使っても良いと思います.

$ git clone https://github.com/fiveseven-lambda/i3configmaker.git
$ cd i3configmaker
$ make

GraphicsMagick のインストール

上の i3 の設定の中で,スクリーンショットを撮るためのツールとして使われています.

$ yay -S graphicsmagick

確認

$ gm -version

fcitx-mozc のインストール

$ yay -S fcitx-mozc fcitx-im fcitx-configtool
~/.xinitrc
...
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

case $2 in 
	"" | "fcitx" ) fcitx-autostart & exec i3 ;;
	"i3" ) exec i3 ;;
	"exec" ) exec $3 ;;
	* ) ;;
esac

単に $ startx と打ったときは fcitx が起動し, $ startx i3 と打ったときは fcitx が起動しないようにしています.

pulseaudio のインストールと起動

$ yay -S pulseaudio pavucontrol
$ pulseaudio --start

確認

$ pavucontrol

unzip-iconv のインストール

デフォルトで入っている unzip は,文字コードを指定するための -O オプションが使えません.そこで代わりに

$ yay -S unzip-iconv

で unzip-iconv をインストールします.途中で

:: unzip-iconv and unzip are in conflict. Remove unzip? [y/N]

と訊かれたら y と答えます.