🦭

Podman v3.4.2 リリースノート

2 min read

Podman v3.4.2がアップストリームでリリースされました。

https://github.com/containers/podman/releases/tag/v3.4.2

リリースノートを日本語に翻訳したものを公開します。どんな内容があるのか把握するのにお役立てください。

  • 個人的に翻訳したものなので公式なものではありません。
  • 正式な内容はPodmanのGitHubページに掲載されている内容をご確認ください
  • 内容に間違いなどがあればコメント等でお知らせください

以下、リリースノート日本語翻訳


3.4.2

バグ修正

  • podman tag がマニフェストリストにタグ付けできなかったバグを修正しました (#12046)。
  • イメージで指定されたビルトインボリュームがいくつかの状況下で正しく作成されないバグを修正しました。
  • OS X で Podman Machine を使用する際に、ポッド内のコンテナがホストからのポートフォワーディングが機能していないバグを修正しました (#12207)。
  • ネットワークモードに slirp4netns を使用し、ポートフォワーディングドライバーに rootlessport を使用しているコンテナで、podman network reload コマンドを実行すると、ポートを転送していないコンテナで rootlessport の再起動を不必要に試みてしまうバグを修正しました。
  • podman generate kube コマンドが、いくつかの不要な (デフォルトに設定された) フィールドを含む YAML を生成するバグを修正しました (例: 空の SELinux と DNS 設定ブロック、および false に設定された privileged フラグ)(#11995)。
  • podman pod rm コマンドが適切なタイミングで中断されると、既に削除された infra コンテナへの参照を残してしまうバグを修正しました (#12034)。
  • podman pod rm コマンドが、--force が指定されていない限り、infra コンテナを除くすべてのコンテナが停止している場合に、複数のコンテナを持つポッドを削除しないバグを修正しました (#11713)。
  • podman runpodman create--memory フラグが 0 の制限を受け付けないバグを修正しました (メモリ無制限を指定する必要があります) (#12002)。
  • リモートの Podman クライアントの podman build コマンドが、ユーザーが指定した Dockerfile ではなく、podman system service インスタンスの作業ディレクトリにある Dockerfile をビルドしようとするバグが修正されました (#12054)。
  • journald ログドライバが使用されている場合に、podman logs --tail コマンドが不適切に機能する(要求されたよりも多くの出力を表示する)バグを修正しました。
  • IPv6 を有効にして slirp4netns ネットワークモードを使って実行されたコンテナが、起動から数秒経つまで IPv6 接続ができないバグを修正しました (#11062)。
  • いくつかの Podman コマンドで余分な dbus-daemon プロセスが作成されてしまうバグを修正しました (#9727)。
  • ルートレスの Podman で、一時停止プロセスを任意の CG グループに移動させることに失敗した場合に警告を表示することがあるバグを修正しました (#12065)。
  • コンテナがリストアされた後に、コンテナの podman inspectcheckpointed フィールドが false に設定されないバグを修正しました。
  • podman system service コマンドがリクエスト ID について過剰に冗長なログを出力するバグを修正しました (#12181)。
  • 複数のコンテナが並行して作成されている場合に、ユーザーが明示的に名前を指定せずに Podman が新しいコンテナを作成すると、他のコンテナで既に使用されている自動生成された名前が使用されることがあるというバグを修正しました (#11735)。

Discussion

ログインするとコメントできます