翻訳:Docker Hubのレート制限を理解する

1 min read読了の目安(約1600字

Docker HubにアクセスしたときにPull Rateに関する通知が表示されて下記の記事へリンクされていました。

原文へのリンク

https://www.docker.com/increase-rate-limits?utm_source=docker&utm_medium=web referral&utm_campaign=pull limits hub home page&utm_budget=

この記事はリンク先の内容を自動翻訳 + 手動修正したものです。正確性については原文を参照ください。


もっと詳しく知る

2020年11月20日、Docker Hubの匿名および無料の認証済み使用のレート制限が有効になりました。匿名および無料のDocker Hubユーザーは、6時間あたり100および200のコンテナーイメージプルリクエストに制限されています。

これらの変更の影響を受ける場合は、次のエラーメッセージが表示されます。

ERROR: toomanyrequests: Too Many Requests.

または

You have reached your pull rate limit. You may increase the limit by authenticating and upgrading: https://www.docker.com/increase-rate-limits.

プルレートの制限を増やすには、アカウントをDocker ProまたはTeamサブスクリプションにアップグレードします。

匿名使用の場合は6時間あたり100個のコンテナーイメージ要求、無料のDockerアカウントの場合は6時間あたり200個のコンテナーイメージ要求のレート制限が有効になりました。これらの制限を超えるイメージリクエストは、6時間のウィンドウが経過するまで拒否されます。

注:Docker ProアカウントとDocker Teamアカウントは、Docker Hubからコンテナーイメージをプルするための無制限のアクセス権を引き続き持っています。

アプリ開発プロセスでDocker Hubを匿名で無料で使用するための使用法を理解し、管理するための手順は次のとおりです。

  • Docker Hubの使用法を理解します。 Docker CLIから、現在の使用状況をリアルタイムで理解できます。このブログ投稿では、アカウントの更新された使用数を取得する方法と、レート制限の適用がアカウントに影響を与えるかどうかを確認する方法を示しています。

  • 必要に応じて、ProまたはTeamにアップグレードします。 主な利点の1つは、Docker Hubからの無制限のコンテナープルリクエストです。プランは開発者1人あたり月額5ドルから始まります。詳細については、Dockerの価格ページでサブスクリプションをアップグレードできます。

  • 使用状況を監視し、それに応じて調整します。 Docker Hubは、使用制限に達したときに示すヘッダーメッセージを返します。超過した場合は、プロセスを調整して消費量を削減するか、Docker ProまたはDocker Teamサブスクリプションにアップグレードして無制限に使用できるようにすることができます。