Ruby on Railsの開発環境をDockerで構築する方法(Rails 6.x)

3 min read読了の目安(約3200字

Docker公式手順を参考に、Rails 6系で Dockerの開発環境を構築する手順を詳解します。

各コマンドの詳しい解説は私が以前に書いた Rails5系での手順 で解説しているので、本記事では割愛します。

ファイルの準備

作業用のディレクトリを作成し、以下の 5 つのファイルを作成します。

  • Dockerfile
  • docker-compose.yml
  • Gemfile
  • Gemfile.lock
  • entrypoint.sh

Dockerfile

Dockerfile
FROM ruby:2.7.0

## nodejsとyarnはwebpackをインストールする際に必要
# yarnパッケージ管理ツールをインストール
RUN apt-get update && apt-get install -y curl apt-transport-https wget && \
curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add - && \
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list && \
apt-get update && apt-get install -y yarn

RUN apt-get update -qq && apt-get install -y nodejs yarn
RUN mkdir /myapp
WORKDIR /myapp
COPY Gemfile /myapp/Gemfile
COPY Gemfile.lock /myapp/Gemfile.lock
RUN bundle install
COPY . /myapp

RUN yarn install --check-files
RUN bundle exec rails webpacker:compile

# Add a script to be executed every time the container starts.
COPY entrypoint.sh /usr/bin/
RUN chmod +x /usr/bin/entrypoint.sh
ENTRYPOINT ["entrypoint.sh"]
EXPOSE 3000

# Start the main process.
CMD ["rails", "server", "-b", "0.0.0.0"]
version: '3'
services:
  db:
    image: mysql:5.7
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
      MYSQL_DATABASE: root
    ports:
      - "3306:3306"
    volumes:
      - ./tmp/db:/var/lib/mysql

  web:
    build: .
    command: bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    volumes:
      - .:/myapp
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db

Gemfile

Gemfile
source 'https://rubygems.org'
gem 'rails', '6.0.3'

Gemfile.lock(空ファイル)

Gemfile.lock(空ファイル)

# !/bin/bash
set -e

# Remove a potentially pre-existing server.pid for Rails.
rm -f /myapp/tmp/pids/server.pid

# Then exec the container's main process (what's set as CMD in the Dockerfile).
exec "$@"

Rails プロジェクトを作成

$ docker-compose run web rails new . --force --no-deps --database=mysql

コンテナをビルド

$ docker-compose build

データベースファイルの修正

上記実行後、config/database.yml ファイルを下記の通りにまるっと修正します。

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8mb4
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: root
  password:
  host: localhost

development:
  <<: *default
  database: myapp_development
  host: db
  username: root
  password: password

test:
  <<: *default
  database: myapp_test
  host: db
  username: root
  password: password

データベースを作成

$ docker-compose run web rails db:create

Webpackerをインストール

Rails 6系から Webpacker が必要となっているため、webサーバのコンテナにwebpackerをインストールします。

$ docker-compose run web rails webpacker:install 

docker-compose でコンテナを起動

$ docker-compose up -d

アクセスして起動を確認

ブラウザから localhost:3000 にアクセスし、Rails の初期画面が表示されることを確認しましょう。

コンテナを停止

検証を終え、コンテナを停止させるときも docker-compose を使います。

$ docker-compose down