🎃

アカウントが必要になったngrokをnpxで試してみる

2022/03/12に公開約1,900字

ngrokが今まで通りに使えなくなりました

Image from Gyazo

今まで通りに npx ngrok http 8080 的な感じでやっても一応URLは出てくるが、そこにアクセスすると上記のような表示になる

使えるようにする

ngrokにサインアップする

出てきたボタンから遷移でもいいですが、

ngrokのサイトから

Image from Gyazo

右上の「Sign up」を押す

Image from Gyazo

おすすめはGitHubアカウントで

Googleで作ってパスワードリセットの際、なぜかGitHubアカウントでログインさせられたので

Authトークン設定

ログインできたらダッシュボードが見えるので、その「Setup & Installation」内の手順2だけやるのでよい

ちなみに手順1のインストールはnpxなら必要ないし、 npm i -g ngrok でもできます

Image from Gyazo

$ ngrok authtoken [トークン]

npxでもできました

$ npx ngrok authtoken [トークン]

するとWindowsだと C:\Users\[ユーザー名]\.ngrok2ngrok.yml ファイルができました

Image from Gyazo

Macでも似たようなところ /Users/[ユーザー名]/.ngrok2

Image from Gyazo

認証外すときはこのファイルを削除でよさそう

もしAuthトークンを公開してしまったら

Your Authtoken 内の一番下にリセットボタンがあるので、もし公開してしまったら作りなおしましょう

Image from Gyazo

リセット後は ngrok.yml ファイルを削除して、 $ npx ngrok authtoken [新しいトークン] を実行しましょう

ngrok実行

今までどおり

$ npx ngrok http [ポート番号] でできました

注意点

アカウント1つにつき1つのトンネリングしかできないです

なので、RaspberryPiで常に実行とかしておくなどだとちょっと不便になりました

あと、どっかのPCで実行しっぱなしも見つけるの大変そう

ちなみに

https://ngrok.com/docs/api#api-tunnels

APIが使えるようになっていて、Authトークンと合わせて今実行しているトンネリングの情報が取得できそう(どのPCで動かしてるっけってのは結局わからなそうだけども…)

Discussion

ログインするとコメントできます