📌

GoogleAppsScriptを使って無料でベーシック認証サイトを作る

2022/10/22に公開約2,600字

概要

GAS(GoogleAppsScript)で公開できるページはiFrameになっていて、JavaScriptからページURLを取得できなかった

そのため、デプロイを2回行うことで、1回目のデプロイ先のURLへ飛ばし、ベーシック認証を実現してみた

  • デプロイ1回目:ベーシック認証をかけたいコンテンツ内容
  • デプロイ2回目:1回目のデプロイへ飛ばすFormタグを含む認証ページ

コード

【追記】GitHubリポジトリも用意しました
https://github.com/tkyko13/gas-basicauth

GASのコード(サーバーに当たる部分)

コメントの通り、1回目のデプロイと2回目のデプロイで doGet() の関数のコメントを切り替えます

もちろん id pass の部分も書き換えます

コード.gs
// 1回目デプロイ
function doGet(e) {
  return ContentService.createTextOutput("このページは表示できません");
}
// 2回目デプロイ
// function doGet(e) {
//   htmlOutput = HtmlService.createTemplateFromFile("auth");
//   return htmlOutput.evaluate();
// }

function doPost(e) {
  const id = e.parameter.id;
  const pass = e.parameter.password;

  if(id == 'id' && pass == 'pass') {
    htmlOutput = HtmlService.createTemplateFromFile("index"); //index.htmlを返す
    return htmlOutput.evaluate();
  }
  else {
    return ContentService.createTextOutput("認証失敗");
  }
}

2回目のデプロイのみ利用するけど、1回目のデプロイ時に作ってても別に問題ない

[1回目のデプロイURL] の部分は書き換え

auth.html
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <base target="_top">
  </head>
  <body>
    <form id="form" method="POST" action="[1回目のデプロイURL]">
      <p>id:<input type="text" name="id"></p>
      <p>パスワード:<input type="password" name="password"></p>
      <p><input type="submit" value="送信する"></p>
    </form>
  </body>
</html>

実際に表示するコンテンツはここに

index.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>ベーシック認証後のページ</title>
</head>
<body>
  認証突破!
</body>
</html>

プロジェクトのファイル構成など

Image from Gyazo

デプロイ

1回目

デプロイ設定はこんな感じ

Image from Gyazo

認証かけてるのに、制限かけては意味ないので、Googleアカウント持っている人全員の設定をしてます

ちなみにコンテンツの中身を見てほしい人のGoogleアカウントを聞けるならここの設定だけでいい

  1. 「種類の選択」から「ウェブアプリ」
  2. 「次のユーザーとして実行」を「ウェブアプリケーションにアクセスしているユーザー」
  3. 「アクセスしているユーザー」を「Googleアカウントを持つ全員」

デプロイ後

Image from Gyazo

ここにURLがでるので、コピーする

2回目

  1. 先程コピーした1回目のデプロイしたURLを「Auth.html」へペーストする
  2. 「コード.gs」内のコメントアウトを切り替える
  3. 1回目と同じ設定でデプロイ
  4. 2回目のデプロイのURLを共有する

結果

Image from Gyazo

こんな感じ

ちなみに注意点として、認証後のページのURLを共有しちゃうと見れなくなっちゃいます

Discussion

ログインするとコメントできます