JavaScriptで配列の最大値と最小値を出す方法

1 min read読了の目安(約700字

今回は、JavaScriptで配列の最大値と最小値を出す方法を紹介したいと思います。

結論から言うと、

最大値を出すためにはMath.max()関数を使い、

最小値を出すためにはMath.min()関数を使います。

実際に書いてみると

const str = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,8,7,6,5,4,3,2,1]

const max = Math.max(str)

console.log(max);

これで配列内の最大値が出ると思いきや、これではNaNが返ってきます。

したがって、ここでは,以下のように記述します。

const str = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,8,7,6,5,4,3,2,1]

const max = Math.max.apply(0,str)

console.log(max); // 9

最小値を求める場合は、以下のように記述します。

const str = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,8,7,6,5,4,3,2,1]

const min = Math.min.apply(0,str)

console.log(min); // 1

ちなみに配列の数値の中に文字列の数値が入っても、両方を合わせた場合での最大値or最小値が返ってきます。

const str = [1,2,3,4,5,6,7,8,"9",8,7,6,5,4,3,2,1]

const max = Math.max.apply(0,str)

console.log(max); //9

以上、JavaScriptで配列の最大値と最小値を出す方法でした。