💨

仮想環境 まとめ

2022/12/24に公開約1,200字

1.コンテナ化仮想技術

一つのOS上に独立したアプリケーションの動作環境を構築する技術。
※コンテナ内のプロセスは、ホストOSを利用する。

有名なのがDockerですよね。
https://www.docker.com/

2.サーバー型仮想技術

ホストOSやハイパーバイザー上に仮想マシン(VM)を動作させる技術。
仮想マシン(VM)上で動いているOSのことをゲストOSと呼んだりする。

2.1 VMMの二種類の型

ハイパーバイザー型

VMM⾃体が直接ハードウェアにインストールされており、OSとして動作する。

windowsのハイパーバイザーに該当するのは「Hyper-V」ですね。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper-v-on-windows/about/

ホストOS型

OS上に土台となるソフトウェアをインストールし、そのソフトウェア上で仮想マシンを稼働させるVMM
VirtualBoxが良い例でしょう。

https://www.virtualbox.org/

WSL2

Ubuntuを入れてみよう。

wsl2が利用できる状態から話を進めます。

wsl --install -d Ubuntu-20.04
ubuntuの画面
Installing, this may take a few minutes...
riyoudekiru
Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username:

ユーザー名とパスワードを設定します。
※パスワードは入力しても表示されないことに注意しましょう。

抜けたい場合はexitコマンドを実行します。

規定ディストリビューションの変更

ディストリビューションを確認
wsl --list
規定ディストリビューションの変更
wsl --set-default <NAME>

デフォルトであればwslコマンドを入力すれば(ubuntu)を起動できます。

Discussion

ログインするとコメントできます