💸

【AWS学習】ロード時間が 100 ミリ秒 (1/10 秒) 長くなるごとに、売上げが 1 パーセント減少してしまう!! 対策:DB負荷軽減

2022/09/07に公開約1,700字

New York Times の「For Impatient Web Users, an Eye Blink Is Just Too Long to Wait」によると、ユーザーは競合サイト間で 250 ミリ秒 (1/4 秒) の違いを認識します。ユーザーは、遅いサイトより速度の速いサイトのほうを選びます。Amazon が行ったテスト「How Webpage Load Time Is Related to Visitor Loss」では、ロード時間が 100 ミリ秒 (1/10 秒) 長くなるごとに、売上げが 1 パーセント減少するとの結果が出ています。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonElastiCache/latest/mem-ug/elasticache-use-cases.html

確認すべきAWSサービス

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

Amazon ElastiCache

原因

  • データベース接続の開閉が高頻度で実行されて、データベースメモリやコンピューティングリソースを消耗する
  • 読み取り処理が多い

対策

対策1:Amazon ElastiCacheを使用する

対策2:リードレプリカを使用する

  • 読み取り頻度の高いデータベースのワークロードに対して、単一 DB インスタンスキャパシティーの制約を超えて伸縮自在にスケールアウトできる

対策3:RDS Proxyのウォーム状態のコネクションプールを利用する

  • Amazon RDS Proxy では、アプリケーションがデータベースと確立した接続をプールおよび共有でき、データベースの効率とアプリケーションのスケーラビリティが向上
  • RDS Proxy を使用すると、Aurora と RDS データベースのフェイルオーバー時間が最大 66% 短縮し、AWS Secrets Manager および AWS Identity and Access Management (IAM) との統合によりデータベースの認証情報、認証、アクセスの管理が可能
    https://aws.amazon.com/jp/rds/proxy/

Discussion

ログインするとコメントできます