start nomad on raspberrypi 4

1 min read

raspberrypi 4 にnomadをセットアップします。
hashi-upを活用してセットアップします。

セットアップ手順

sudo apt install update
sudo apt install docker.io -y

curl -sLS https://get.hashi-up.dev | sh
sudo cp hashi-up /usr/local/bin/hashi-up
hashi-up version

export IP=192.168.0.30
hashi-up nomad install \
  --ssh-target-addr $IP \
  --ssh-target-user $(whoami) \
  --server \
  --ssh-target-key ~/.ssh/id_rsa

上記まででサーバとしてのセットアップが終わりました。

今回はシングルノードでサーバとクライアントを動作させるためnomad.hclにクライアントの設定を追記します。

$ sudo cat /etc/nomad.d/nomad.hcl
datacenter = "dc1"
data_dir   = "/opt/nomad"
server {
  enabled          = true
  bootstrap_expect = 1
}
client {
  enabled = true
  servers = ["127.0.0.1:4646"]
}

DockerでVolumeマウントする予定がある場合はplugin "docker" のブロックを追加して以下の通りenableを指定しておくとよい。
raw_execを使う予定がある場合も同様。

$ cat /etc/nomad.d/nomad.hcl
datacenter = "dc1"
data_dir   = "/opt/nomad"
server {
  enabled          = true
  bootstrap_expect = 1
}
client {
  enabled = true
  servers = ["127.0.0.1:4646"]
}

plugin "raw_exec" {
  config {
    enabled = true
  }
}
plugin "docker" {
  config {
    volumes {
      enabled      = true
      selinuxlabel = "z"
    }
  }
}

確認手順

export NOMAD_ADDR=http://192.168.0.30:4646
nomad node status

以上です。

Discussion

ログインするとコメントできます