🙄

ボクの考えた宇宙最強のファイル共有用SAMBA CIFS設定方法

1 min read

/etc/samba/smb.confをこのようにする。

[global]
 workgroup = WORKGROUP
 netbios name = tx100s3.local <- 適宜名前は変える事
 security = user
 passdb backend = tdbsam
 unix charset = UTF-8
 dos charset = CP932
 hosts allow = 127. 192. <- 適宜、許可するIPアドレス範囲は変える事
 map to guest = Bad User
 wins support = yes
 msdfs root = no
 load printers = no
 disable spoolss = yes
 
[sda] <- 適宜、共有名は変える事
 path = /mnt/sda    <- 適宜パスは変える事
 read only = no
 browsable = yes
 writable = yes
 writeable = yes
 guest ok = yes
 guest only = yes
 force group = nobody
 force create mode = 0777
 force directory mode = 0777
 public = yes
 share modes = yes

これでよくあるBUFFALOとかのNASのパスワードなしでアクセスできる共有サーバーになるぞ!素晴らしい。え?Windowsでアクセスできない?エクスプローラーのアドレスバーにIP直打ちしてみな。飛ぶぞ!

追記:/etc/fstabの設定方法

//<your ip address>/sdf /mnt/smb/sdf cifs guest,_netdev,uid=nobody,file_mode=0777,dir_mode=0777,rw 0 0 
オプション 説明
guest ゲストでアクセス
_netdev ネットワークドライブ宣言
uid=nobody nobodyのユーザーIDで接続
file_mode=0777 0777でファイルアクセス
dir_mode=0777 0777でディレクトリアクセス
rw read writeでアクセス