😀

Windows環境での開発に最適なキーボード探し1

2024/06/04に公開

Windows環境で開発を行う際の最適なキーボードを探すなかで、様々なキーボードを試しましたので、その情報共有です。まだ最高のものに巡り会えていませんが、一旦まとめます。

目指す最適なキーボードの条件

自分の目指す最適なキーボードとは、エディタとエクセル、エクスプローラの切り替え、カーソルの移動、選択、コピー、カット、ペーストをホームポジションのままできることです。

タッチタイピングは、数字、記号、カーソルキー、HOME、ENDまでできます。打鍵感にこだわりはありません。レイアウトとショートカットの設定にこだわりがあります。

マウスは極力触りません。画面から目を離しません(キーボードを見ません)。

以下、遍歴です。

キーボード1: MacBook Pro 2018年モデル内蔵キーボード(日本語配列)

私のキーボード遍歴は、MacBook Pro 2018年モデルの内蔵キーボードから始まりました。このキーボードで、マックのカーソルショートカットの便利さの虜になりました。

キーボード2: ロジクール K295 サイレント ワイヤレス キーボード

次に使用したのが、ロジクール K295です。Windowsでの開発を始めるにあたり、BOSSが会社用に準備してくれたものです。あまりの静音性に驚きました。カーソルショートカットはできませんが、スペースキーが小さく、レイアウトはいい感じだと思いました。静音性は次第になくなり、3ヶ月ほどで普通に音がなる様になります。

キーボード3: PFU キーボード Happy Hacking Keyboard Studio 墨(英語配列)PD-ID100B

HHKBスタジオという新モデルが出たとの事で、HHKBも英語配列も使ったことがなかったので試しにレンタルしてみました。

結果、英語配列はWindowsの設定の変更が必要で面倒。打鍵感は騒がれているほどではないが、軽く打てる。ジェスチャーパッドやポインティングスティックはエンジニアとしての利用に耐えうる精度ではなかった。レイアウトも、良さがわかりませんでした。

キーマップの変更ができるので、マックのカーソルショートカットの再現はできたものの、Windows自体の配列変更が煩わしく、その時点で合わないと思いました。

次回に続きます。

テクシア テックブログ

Discussion